農家になりたい? 脱サラして、野菜で飯を食ってる僕が紹介する、農業関連のオススメ書籍7選

農業関連のオススメ本を紹介します。

 

農業に興味あるけど…せめて関する本でもないかなぁ…と思ったあなたに、
オススメできそうな本を紹介します!

農で起業する! 脱サラ農業のススメ

農で起業する!脱サラ農業のススメ

農家の経営術についての本。
外資系のIT営業マンだった著者が農家に転身して、目指したこと・行動したことが書かれています。

経営のポイントは「規模が小さくて、効率がよくて、悠々自適で週休4日」と文字通りかかれていて、それを実現するための本。

行ったアクションプランがここぞとばかりに書かれているので、根性論じゃなく合理的に結果を出したい人は是非読んでみてください。
特に、資本がなくても農業でサラリーマン並みに(以上に)稼ぎたいよ!!って人は読むべし!

僕も真似してます。これからも真似します!

 

 

田舎の探し方 全国153自治体の「田舎暮らし体験プログラム226」

田舎の探し方

農業に興味ある人は、田舎にも興味があるんじゃないでしょうか。

田舎と言っても、いっぱいあります。

  • どこがいいの?
  • ってか、比較するための情報はどこにあるの?
  • 一覧が欲しい

こんな人は、一覧にまとまっているような本書がいいかも。

 

ただし、あくまで一覧。

この本を読んだ後は、移住促進プログラムとか、移住に成功したと感じる人が集まるイベントとか行った方がいいです。
イケダハヤトさん等の公演とか行けば、「ブラック自治体」などの話が聞けるはず。
ブラック企業ならぬ、ブラック自治体(地域)の存在などに気づくと思います。

もし、地域移住に興味がある場合、本を読む→気になる地域に目星をつける→イベントに行くの流れで、進めるといいんだろうなぁと思いました。

 

農をシゴトにしよう! 農業入門

農業入門

週末農業から、ガチの専業農家経営までの成功例が書かれている本。
農業経営の記事を煮詰めて、編集して本を作ったという感じで、成功者の例が方向性別にまとまってます。

それこそ、農業体験から成功した人や、親から引き継いだ人、酪農まで。

農業と言っても、みんなが目指す方向は地域によってもバラバラ。
どんな農業があるの?と知るだけでも、やりたいことが見つかるかもしれませんよ!

 

半農半Xという生き方

半農半Xという生き方

持続的な生き方の戦略論かな?

簡単にまとめると、下のような感じ

  • 食べる分の野菜は自分で作る
  • 好きなこと・得意なことでお金を稼ぐ
  • 自分を一番活かせる人生になる
  • 持続的な人生にもなる

食べられないと、不本意な仕事をしないといけないから、まずは食べられるために農業しようよ!って教え。

個人的にはすごく魅力的に映った、考え方・生き方です。

僕は農作物をお金に換えていますが、作物を作るのは、ちょっと調べて、ちょっと努力すればだれにでもできます。ホントに。
ただ、それをお金に換えるとなると、一気に難しくなる。

だから、難しいこと(換金)はやらずに、簡単なこと(野菜を作る)だけをして、稼ぐのは好きなこと・得意なことに任せようよ!という方向はすごく現実的。

大量消費社会に消耗させられてる気がするなぁ…って人は是非、手に取ってみてください。
何人かの生活例も描かれているので、そんな暮らし方もあるのかぁ…と、ほっこり出来ると思います。

 

キレイゴトぬきの農業論

キレイゴトぬきの農業論

いざ、農業をやってみたらどうなるんだろう…そんな風に考える人が読めばいいと思う。

農家したい・・・って思った著者が、やってみたら、めっちゃ大変だった…ということが書かれています。

  • 人間関係の風当たり
  • 農作物の不作
  • お金にならない(野菜の低価格など)

 

もちろん、大変だった…で終わりません。
だから~~して、~~したら、なんとか成功した!みたいなサクセスストーリー。考え方・方法論もたっぷりと書かれています。

そして、とにかくアツいです。体育会系のアツさではなく、文化部的な冷静なアツさ。
農家って楽じゃないけど、良いよ。というメッセージが静かに、アツく伝わってくる本。

農業やりたくなります(なりました)

 

一万円起業

一万円起業

毛色を変えて、マイクロビジネスに関する本。
資本がなければ、どう稼げばいい?という疑問について書かれています。

農業はすでに大きい資本や、先行者がたくさんいます。
その中で、自分の食い扶持をかせぐためには、何かしらのとがったものが必要になる…と僕は考えています。

その時に、資本ではなく、自分の得意なことを活かすのが一番いいんじゃないの?という個人的な考えを応援してくれた書籍。
そのまま活かせる具体例ではなく、ヒントとなる考え方・方向性が書かれています。

個人的な一例を1つ。

 

  • 簡単な動画作れる
  • Googleのサービスを一般人並みに活用できる
  • 野菜が作れる

 

上記の力から、Googleマップに野菜作りの動画をアップする。ということができました。
僕は苦にならず出来たけど、周りのおじいちゃん農家さんはやってません。

結果的に、業者の人の目に留まって、買い取りオファーもらう…なんてことがありました。(実際は動画ではありませんでしたが)

回りの人はやってないけど、あなたには出来ることがありますよ。
ぜひ、武器にしましょう。

 

農!黄金のスモールビジネス

農!黄金のスモールビジネス

脱サラからの高効率農業を目指す本。

著者は上にも登場した、杉山経昌さん。

具体的なアクションプラン、方法が何十個と書かれています。
合理性を重要される方の本だから、いくつかでも、真似をして、効率化できれば、すぐに元が取れると思います。

上で紹介した「農で起業する! 脱サラ農業のススメ」って本と、少し内容が被ります。
より具体的な方法が欲しい場合はこっち。精神論は前者の方がより多く載ってます。

 

まとめ

以上、読みやすくて役に立ったなぁ…という本をまとめました。

もっと、バリバリ効率的にスピード重視って人は、IT系のスタートアップの本をオススメします。

資本がなくて、すぐに結果欲しいって人が集まりまくってます!

逆にオススメの本あれば、どんどん読みたいので教えてもらえると嬉しい!

また、追記したいです!以上です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA