水耕栽培に使うエアチューブ分岐管を自作。発展性あり、簡単に作れるが、これはダサい。 

水耕栽培のブロワーに取り付ける、エアチューブ分岐管を自作しました。

分岐管は、タコ足ソケットのように、空気をいくつか分ける時に使うもの。
メーカー物はこんな感じ

拡張性があって、安く、簡単に作れるエアチューブ分岐管を作りました。

見た目を気にせず作りましょう!

エアチューブ分岐管とは

分岐管とは複数の対象にエアを割り振る役目。

エアポンプが1つ。
だけど、2つの水槽などにエアレーションをしたい。
そんなときに分岐管を使います。

昔、メーカー物を買っても、空気漏れが発生したり、壊れて不満があったため、自作しました。

 

用意したもの

  • エアチューブ
  • T字ソケット

 

エアチューブ

直径6mmの物を。

屋外&水中で使うなら、シリコン製が硬くならなくて好み。
安いチューブは、硬化してしまい、硬くなった後の抜き差しがやりづらくなるのが難点。

シリコンタイプに注意

シリコンタイプはシリコンじゃありません。見た目だけシリコンっぽくなっているだけ。

 

T字ソケット

分岐させたい数を用意します。

エアチューブ分岐管の作り方

並べます。

 

短く切ったエアチューブを

 

差し込んでソケット同士をつなげます。

 

ええ、そうです。つなげていくだけです。

完成。

 

使わない場合は左端のように、塞ぐのはいかが?

 

 

ブロアポンプに装着

観賞魚用のエアポンプは上記のソケットだけでOKですが、ブロワポンプの場合は径が違うため、塩ビパイプでの取り付けが必要です。

 

 

 

ストレートのソケットを塩ビパイプに埋め込みます。

 

 

埋め込む穴を開けます。電動ドリルを使いました。

 

穴が開き、無事、ソケットが入りました。

 

ちなみに、キレイに穴を開けるため、小さいものから4つドリルを使いました。

 

ストレートのソケットをボンドで固定します。

 

上から見たらこんな感じ。

 

24時間乾燥させました。

汚い塩ビパイプの栓をを取り付けて、完成。

 

今回作った三又を取り付けて、完成です。

 

まとめ

  • エアチューブ分岐管は自作T字ソケットをつなげることで自作できる
  • 発展性があるため、水耕栽培には向いてる・・・はず
  • ブロワーに取り付ける時は、塩ビ管を経由して取り付けよう

なお、クリップなどでチューブを挟むことでエア量の調整ができます。

 

以上です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA