カツオのワラ焼きタタキ作った!丸ごと1匹を素人が捌く風景を写真たっぷりで!

カツオ1匹をがんばって捌いたら、めっちゃ美味くて、最高だったお話。

 

突然ですが…大きい魚、さばけますか?
小さい魚すら、調理するの抵抗あるなぁ…と感じるかもしれませんね!

今回、カツオ1匹を丸ごと頂き、素人ながら、お刺身とワラ焼きタタキを作りました。

やってみた結論から言うと、

マジで最高、美味すぎる。死ぬまで毎日食いたい。

ということです。

 

素人の調理なので、包丁で切った部分がギザギザになったりしましたが、味は絶品。

魚1匹をクール便で送ったら、全く臭みがない新鮮さで、めっちゃ美味い状態で輸送できるということも分かりましたので、より多くの人に魅力を知ってほしいと思い、体験記事を書きました。

全くの素人の調理風景を一部始終、晒します。

【経緯】カツオ、届く

高知県 宿毛市に住んでいる先輩から、ある報告を受けました。

田舎の魚食ってから、市内の魚が美味しく感じなくなった…という、内容。

ぇー、確かめたいから、送ってくださいよー!

このように生意気に返事したところ、本当に送ってくださって、今に至ります。

ということで、
カツオ、いただきました。

 

▼発泡スチロールに大量の氷+カツオ。クール便で送ると、全く氷が溶けてませんでした。

カツオが丸ごと氷に入っている
丸ごと1匹届くなんて予定外だ…。捌けるのか…?いや、やるしかない…

素人の捌く風景を写真たっぷりで紹介

捌くのは、「アジくらいなら捌いたことあるよ?」レベルの素人。
そんな素人捌きを、写真たっぷりで公開します。

以下、捌き方の本を参考にしています。というのも、送ってくれた先輩が、該当ページのカラーコピーを添えてくれていました、感謝。

覚悟を決めて、いきます

 

▼ドンッ!!! (ほぼ新品の出刃包丁の出番が来た。シールの存在感がすごい。出刃。)

カツオ 丸ごと1匹

▼胸びれの横?から包丁を入れて、固いヒレを取り除きます。

カツオをさばきます

▼次に、頭と内蔵を取るために、魚の腹側(底側?)から、包丁を入れます。

▼頭を取るぞ、と思ってたら、内蔵もきれいに取れました。

頭と内蔵が取れた

▼内蔵がどれだけあるのか分からず、確かめました。素人ですね。
血が結構出てきました。

結構、血が出ます

▼背びれとか、背中の硬い部分を取り除きました。

背中の硬い部分を取り除きます

▼ここでネコが登場。

猫が登場

▼ちぎれた部位、肉を削ぎ過ぎてしまった部分などを提供しました。

ネコがカツオを食べる
どれだけ可愛かろうが、動物は雑菌をたくさん持っています。衛生管理にはご注意を!

▼話をカツオに戻します。3枚に分けるため、尾びれに近い側面から包丁を入れていきます。

側面の硬い部分を取り除き

▼渾身の一太刀で、まずは2枚下ろし。

▼何とか3枚下ろしに。ただ、骨周辺に大量の身を持っていかれてしまった。

▼うまみが逃げそうだけど、さくっと洗いました

さくっと水洗い

▼腹側に骨が残っていたぞ。包丁の背を押しあてると、骨がニョキっと出てくるので、地道に抜き取ります。

腹部分に残った骨を抜き取ります

▼これで柵?と言われる、切り身のブロックが出来ました!よく見るとボロボロですw

切り身のブロックになりました

▼尾びれ側の方から、皮をペリペリーっと剥がしました。

皮をはがします

▼キッチンペーパーで水分などをふき取ります。完成が近づいてきた!

キッチンペーパーでふき取り

▼4つあるブロックのうち、2つをバーベキュー用の焼網に並べます。やることは分かりますね?

バーベキュー用の焼網に並べた

▼そうです、ワラ焼きです。オイル成分が残っていないキレイな缶と、ワラを用意しました。

ペール缶とワラ

▼ワラの炎で豪快に炙ります。焼き魚になることをビビって、短時間で済ませました。

カツオのタタキのワラ焼き風景

▼食べやすいサイズにサクッと切って、完成!
左側が、刺し身(炙っていない)
右側がわら焼きタタキ。

切って、皿に並べました

▼話は逸れますが、
ワラ焼きの後、焼き網に肉がくっついて苦労しました。対策した方が良いかも。酢を塗ったりするとタンパク質が変性して、くっつきにくいとか。

焼網に魚の身がくっついた

▼ワラ焼きの後は、消火も忘れずに。(ジョウロで水をかけてます)

消火も忘れずに

▼カツオと一緒に食べる薬味軍団。ショウガ・ニンニク・ミョウガ・ネギ。チューブニンニクとか厳禁。きちんと擦ったり、切ったりしましょう。味が全く変わります!

ショウガ・ニンニク・ミョウガ・ネギ

▼薬味を盛りつけました。

カツオのタタキに薬味を盛りつけ
完成です!お疲れさまでした!

 

完成&食べる

早速食べましょう。

カツオのタタキを食べる

うまぁぁぁぁぁぁぁあああ!!!

マジで美味い。

この世の物とは思えないくらい美味い!

ワラ焼きも香ばしさが出てて、バーナーでの炙りでは真似できない香りでした。

 

感動というか、驚嘆。

素晴らしい。

こんな美食が、カツオ1匹丸ごと1300円らしい。ビビる。

 

ちなみに、僕は高知県で6年過ごしましたので、その間にも観光気分でカツオを食べまくってきました。

その中でも、一番美味しいカツオだったと思います。

 

18歳の時、カツオのタタキを2カ月以上、毎日チビチビ食べ続け、痛風になりかけた僕が作る「高知県 美味いカツオのランキング」はこのようになりました。

丸ごと1匹>>>(超えられない壁)>>>久礼大正駅周辺の居酒屋のワラ焼きカツオ>>有名店のワラ焼きカツオ>>(越えられない壁)>>スーパーのブロック>>スーパーの切られたタタキ>>>(越えられない壁)>>>関西のカツオ

ちなみに、味の違いが顕著に分かるものは、お刺身です。
例えば、ひろめ市場などで食べるタタキは美味いけど、刺身はそんなに美味しくないよね…という人に是非、食べていただきたい。

新鮮なカツオの刺身は美味すぎる。

僕も1回食べただけで偉そうに書いてますが、さばいたからこそたどり着けた、鮮度の聖域…的なものを感じました。

 

ということで、丸ごと1匹はマジでオススメ。

 

まとめ

カツオを素人が捌いたら、何とか捌けて、めっちゃ美味しかったという内容でした。

  • カツオ1匹がクール便で超新鮮に届いた
  • がんばってさばいた
  • 何とかできた
  • 劇的に美味い
  • タタキは勿論、刺身が犯罪級
  • もっと送ってください

当初は、「丸ごと1匹なんて捌けるの」とビビってましたが、イケますね!

見た目こそ、プロには全く及びませんが、素材が良すぎるのでめっちゃ美味しくいただけます。

ということで、新鮮な魚、送るチャンス&貰うチャンスがあれば、がんがん享受しましょう!

魚を送れる方へ
親しい方がいたら、新鮮な丸ごと1匹を送ってあげましょう。
捌き方が分かるURLや、プリントアウトがあれば、めっちゃ助かります!!

魚を受け取る方へ
勇気を出して受け取りましょう!案外、なんとかなります!マジで美味いですよ。

 

 

蛇足 細部までスタッフが頂きました

カツオの骨周辺を煮込んだ

素人調理で骨周辺に残った身を煮込んで、当家の犬・猫スタッフがおいしくいただきました。
めっちゃうまそうに食ってた…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA