電気あり、月額5000円のガレージ(物置)で1晩過ごした。小屋暮らしに使えないか考えた。

2016年12月のお話。

友人が借りているガレージ(電気代込、月額5000円)で土日を過ごしました。

結論から言えば、

工夫はいるけど、小屋暮らしに使えるかもしれない。と考えました。

ガレージに滞在するデメリットを含めて、記事にしました。

物置で過ごした感想は?

実体験。結構きつい。

  • 寒い
  • 汚い(衛生的に)

 

ガレージに友人が集まり、男4人で夜を明かしました。

冬場、外気温が0~-3℃くらい。
めっちゃ寒かったし、友人の1人はネズミにも遭遇したそう(めっちゃ小さいやつ)

いざ住むとなったらハードルが高い…と感じましたが、寒い・汚いをなんとかすれば実用的だとも感じました。

 

どんな物置だったか

THE 納屋。

建てられて50年以上でしょうか。
田舎の古い家の隣にある感じ。

「納屋」という言葉がピッタリ

 

寸法は横7m、縦5m、高さ4mくらい。
柱は木で、壁は土壁、床はコンクリートでできています。

ドアの建てつけか悪く、完全に閉まりません。というか、土壁に穴がいくつもあります。

 

そして、冬場の寒いときにはこれくらい雪が積もる地域です。

この地域の寒い日

 

なんで、寒い・汚いのか

一言で言えば、穴があるから。

ガレージとは穴があるものなのか、建築法なのか、古いからなのか、分からないけど、とにかく穴(すき間)がある。

 

穴があれば、隙間風が通る。

外気温0℃。

鍋を食べていても、お酒を飲んでいても寒い!
毛布にくるまっているんですが、僕は寒かった!
(友人3人は毛布だけで大丈夫とも言っていたから、僕が弱いだけ…か)

穴があれば、ネズミが通る。

友人が穴を覗いたらネズミと目が合ったらしい。

隙間風が通る。だから、寒い。

ネズミも通る。だから、汚い。

原因は穴なのです。

穴をなくすと、上記2つも解決。

ガレージ・物置で快適に過ごすためには、穴をなくすことが必要です。

 

 

ガレージの穴対策

穴対策を考えました。

ガレージの中にビニールハウスを建てます。

気密性を簡単に高められ、安く建てられるからです。

ビニールハウスは真四角に作ります。

ビニール張るためのフレームを木で作ります。安いからです。

木の枠で直方体を作り、ビニールハウスにする。

ビニールで密封性を高め、内部にフローリングを敷けば、基本構造は完成。

更に!

  • エアコン
  • 加湿&除湿タイプ空気清浄器
  • こたつ
  • ダメになるクッション

4つの神器をそろえて、ダメ人間増殖炉を作りたいと夢見ています。

現在、作成中。いずれ結果を報告したいと思います。

 

彼女
古い納屋だから、地震で崩れたりしない?ちょっと怖い…

確かに、工事現場の足場を組む短管パイプで作れば、かなり強度上げられそう!

鉄フレームの箱を作れば屋根が崩れたりしても安心かもしれないね

 

まとめ

以上、ガレージの中にビニールハウスを作れば、小屋暮らしにも使えるんじゃないかと思いました。

  • ガレージ(物置・納屋)は隙間風が寒く、ネズミが出る
  • ビニールハウスで密封性を上げたら、悩まずに済むかも
  • お試し中

住居を置いておいて、こんな秘密基地があれば、すごく楽しいと思います。

以上、小屋暮らしを憧れる僕は、最近ガレージに注目しているのでした!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA