【実験中】家庭菜園って、どれくらい稼げるの? トマトの水耕栽培で実験してみました。

家庭菜園で作った野菜って、稼げるの?

 

ベランダなど、小さな土地でもできる家庭菜園。

趣味はもちろん、自分で食べるために作っている方も多いのではないでしょうか。

 

今回、庭でトマトを栽培しました。

庭のスペース程度のトマトを栽培して、販売した場合、どれくらいのお金になるのか実験したいと思います。

 

はじめに

今回は栽培方法、成長過程を紹介します。
お金については別記事(2017年10月現在は未作成、売れたら書きます)で紹介予定。

 

栽培方法と作物

冒頭で書いた通り、トマトを庭で育てます。

詳細に書くとこんな感じ。

  • 水耕栽培
  • 設備の費用10000円以下
  • ホームセンター・Amazonで手に入る材料を使用
  • 簡易的なビニールハウス内で栽培
  • 8月下旬スタート(シーズン終わりから)
  • 種・苗を買わずに、挿し芽から育てる
  • 農薬を使わずに栽培

 

水耕栽培の設備を作るところからスタートしました。

▼ホームセンターで材料調達。(レンタルのトラックで運搬)
プールを作り、発泡スチロールを浮かべ、苗の土台にしています。

レンタルの軽トラで発泡スチロールを運搬 発泡スチロールでプールを作る

▼水耕栽培はいろいろ方法があるんだけど、今回の方法はプールみたいなものを用意して、浮かぶ土台にトマトを植える…形です。
根っこが自由に伸びることが出来るから、育ちやすい・・・と言われています。

根っこが伸びるイメージ。数週間後に撮影。

 

▼苗は挿し芽から。既にある木から、先端を切って使いました。
この束が3つくらいあったかな?

トマトの挿し芽する元

▼1本にしたらこんな感じ

挿し芽を1本

この先端は、捨てられる予定のものから切り出してきました。

トマトのシーズンは初夏。
シーズンが終わりに近づき、実があまり成らなくなると、農家さん達は、トマトを撤収します。
撤収=木を捨てるということなんですが、捨てられる予定の木が元気そうだったので、なんとか使えないかな…と思ったのが、実はきっかけだったりします。

農家アイドルグループの0円食堂的なノリです。

 

▼挿し芽と言っても、めちゃくちゃ原始的なもので、
カットした部分を、水に漬けるだけ。

25℃以上だと、1日~2日で、うっすらと根が出てきます。

挿し芽をするため、水に漬ける

メネデール入れたら、発根効率がアガります↑

 

▼元気のいいやつは、数日でモジャモジャに。

元気のいい挿し芽の根っこ

▼これは、発根しなかった例。シーズン過ぎているからか、しおれて枯れていくものも多かった・・・。

▼スポンジに包んで、発泡スチロールの穴に植え付けます。倒れないように麻ひもで上から釣りました。

▼最終的に、約30本の苗木から発根してくれました。
植えた後、倒れないように麻ひもを支柱代わりにしました。

30本ほど挿し芽成功
ここから、実験スタートです。

 

3日後

3日(多分)経過しました。目に見えるほどの変化はありません。

▼全体

▼根っこ部分は結構育ってます。

 

10日後

チラッとトマトたちを除くと、シオシオに乾燥している子がいました。

どこからどう見ても、水分不足でした。

▼温度はこんな感じ。

▼温度を下げる&光合成を減らすために、天井に寒冷紗(農業用の遮光カーテンみたいなもの)を設置しました。

 

【悲劇】葉ダニの襲来

トラブル発生。
トマトの大部分が、ハダニと呼ばれる害虫にやられました。

ハダニは植物の体液?を吸い取って、増殖します。

吸われすぎると、枯れてしまいます。

ハダニは植物が弱っているとき、湿度の低いときに、より増殖します。ということで、原因は暑さと湿度の低さでした。

植物が弱り、そこにハダニがつけこんで、増殖した・・・と推測しています。

▼元気がなくなり、葉が白くなります。これは末期症状。

▼枯れたトマトも出してしまいました。

葉ダニが植物体の栄養分を吸い取ることで、植物が弱ります。
最終的には枯れてしまうため、予防が大切と言われます。

特に、農薬等を使わないで育てようと思うと、予防しかありません。

 

▼予防は水が効果的。
湿度を高めることで増えにくくなるらしいです。
そして、物理的にも効果があるようで、洗いながす&殺すことができます。

ということで、散水用のホースを設置して、朝と晩の2回,吹き付けることにしました。

青いホースが散水ホース。細かい穴が空いていて、そこら中に水を撒いてくれます。

 

▼白くなってしまった葉は戻ることがないため、切り取りました。

また、光合成不足で植物が弱っている可能性も高かったため、寒冷紗を取っ払いました。

 

散水ホース設置後、1週間

効きました!

白くなった部分は回復しませんが、元気になった箇所が出てきました。

寒冷紗がなくなり、光合成できるようになったことも効果ありそう。

▼昔に被害を受けた、下の葉は枯れてしまいましたが、上の部分はハダニにやられていない葉が広がっています。

 

 

1ヶ月後

設置してから約1カ月。ジャングルが広がっておりました。

もっと手入れしないといけません…。

 

▼一部、ハダニの被害が残っています。

▼ちらほらと花が咲き始め、来月にはトマトに出会えそうです。寒さ・・・間に合ってくれ!

▼根っこ、モジャってました。でも、これは失敗くらい。水流を作ったり、エアレーションすれば、この何倍も育っていたはずです。

 

今後

また更新していきます。

 

栽培方法・栽培過程のまとめ

栽培方法・成長していく風景についての紹介でした。

  • トマトの水耕栽培
  • 庭にて
  • 1カ月でかなりデカく育ちました
  • 今後も経過観察します

 

0円食堂的なノリで始めたので、どれだけ育ってくれるのか楽しみです。

また、この記事を更新するか、別記事を書いていく予定です。

ご清聴ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA