モンキーレンチ、どのサイズを選べばいい?全長とアゴの最大開き幅をまとめてみました

持っていたら、何かと便利なモンキーレンチ。

・・・モンキーレンチ?
そう、くるくるって回すと、先端が閉じたり開いたりして、調整できるやつです。

▼モンキーレンチ、これ。
モンキーレンチ

 

ところで、Amazonでモンキーレンチを検索すると、
『モンキー 200mm』
とか書いてます。

一体200mmってどこのこと!?
とか疑問に思ったため、手元にあった4本のモンキーレンチ情報をまとめてみました。

今回はモンキーレンチの全長、アゴのサイズについての比較が主になっています。

モンキーレンチとは

モンキーレンチ(monkey wrench)とは、ボルトをつかむ部分(あご)の幅をウォームギヤによって自由に変えられるレンチの一種。

引用元: wikipedia モンキーレンチ

へぇー!あのクルクルはウォームギアって言うんだ。

200mmの表記は、どこのサイズを指している?

モンキーレンチサイズ別4本 150mm 200mm 250mm 300mm

 

結論から言うと

200mmなどのサイズ表記は、全長でした。

 

▼測ってみたら、すぐにわかりました。

モンキーレンチサイズ別の全長比較

上から、150mm、200mm、250mm、300mmのモンキーレンチ。

肝心なアゴのサイズは分からないのか…ということで、サイズ別にアゴの最大開き幅を調べてみました。

 

アゴの最大開き幅4種類まとめ

150mm

150mmのモンキーレンチはホーザン製。21.62mm開きました。

モンキーレンチ150mmのアゴサイズ

200mm

続いて、200mmのモンキーレンチはLIFEMANというブランド?ホームセンター等のプライベートブランドでしょうか。最大幅は27.06mm

モンキーレンチ200mmのアゴサイズ

250mm

250mmのモンキーレンチはロブテックス製。 30.38mmでした。

モンキーレンチ250mmのアゴサイズ

300mm

最後、300mmは35.64mm。SANKOというメーカー?ブランドでした。

モンキーレンチ300mmのアゴサイズ

 

表にまとめると、こんな感じ。

 モンキーレンチのサイズ アゴの最大開き幅
150mm  21.62mm
200mm  27.06mm
250mm  30.38mm
300mm  35.64mm

 

あくまで一例です
メーカーによっても、大きさは異なります。

開発者によって、薄いもの、短くてアゴがよく開くもの…など、様々な製品が売られていますし、これからも登場するはずです。

あくまで、手持ちの一例を示しております。

 

オススメのサイズはどれ?

1本だけ所有するなら、僕は250mmを選びます。

理由はこんな感じ

  1. アゴのサイズが万能
  2. 手頃な大きさ

 

順番に説明します。

 

アゴのサイズ

モンキーレンチを選ぶ一番の基準は何か考えてみました。

僕はアゴのサイズだと思います。

モンキーレンチは対象を挟んで回す工具のため、はさめるかはさめないかのサイズが一番重要かなと思います。

大は小を兼ねるという現象が起きていて、アゴの最大幅は決まっていますが、最小幅は決まっていません。

くるくると回すと、最小幅は調整できるから、どれだけ開けるかが重要というわけです。

 

そこで、日常DIYで安心できるアゴの最大幅を考えてみました。

 

最大幅…30mmくらい?

 

というのも、僕がここ数年で回したナットで最も大きいものが、30mmでした。
ビールサーバー用のレギュレーターのナットです。

▼ナットのサイズは29.95mmと表示されました。

ビール用レギュレーターのナットサイズ

なかなか、これを超えるのはないんじゃないかと思いますので、アゴが30mm以上開くものであれば、十分ではないでしょうか。

つまり、250mm以上のモンキーレンチです。

 

手頃な大きさ

いやいや、
だったら、250mmより300mmがいいやん。と思うかもしれません。

確かにそうです。
でも、300mmはでかいんです…。

▼300mmを手に持ってみました

モンキーレンチ300mm

重いし、長いし、取り回しがしんどいです。
大は小を兼ねますが、疲れます。

何事もほどほどが大切。理由はそれだけ。

 

▼こんな感じで、小さいけど、めっちゃ開くってモンキーレンチを選ぶのが一番かもしれません。まさに、いいとこどり。

 

蛇足 モンキーレンチの上位互換?

クニペックスのプライヤーレンチが上位互換と思ってます。
自転車世界一周など、工具をミニマムに厳選する環境などで、使っている先輩方がおられます。

僕もいつか使ってみたいと憧れていますが…価格がすごい…。

めっちゃ面白そうな工具なので、気になる方、調べてみてください。

 

まとめ

 

  • 万能なモンキーレンチ
  • 全長とアゴの大きさまとめた
  • 1つ選ぶなら、250mm
  • 日常生活では不足が少なく、取り回しもしやすい
  • プライヤーレンチっていう上位互換もあるよ

 

以上、モンキーレンチの紹介でした。1本あれば、レンチをたくさん持たなくても良いので、一家に一台いいですよ。

ご清聴ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA