【今治→尾道ルート】大阪からフェリーを使い、しまなみ海道をロードバイクで北上する計画を立てた

関西から、1泊2日でしまなみ海道をロードバイクで走るためのプランを立てました。

大阪からの移動手段・しまなみ海道のルート・宿を決めるための記事。

 

▼▼▼こんな人の参考になれば嬉しい▼▼▼

  • しまなみ海道のサイクリングを計画中
  • スタート地点を尾道にするか、今治にするかどっちにしようか迷っている
  • 1泊するなら、宿はどの地点に取るのがいいのか?
  • ただ、走るだけじゃなく、美味しいもの食べたい
  • 初心者、女性でも無理なく走れるプラン

 

僕も上記の疑問を抱えて、メリット・デメリットも考えたうえで計画しました。
ほぼロードバイク初乗りの彼女と同行するため、ゆるーいプランです。

どうぞ!

(追記)実際に行きました!

しまなみ海道サイクリングに必須の持ち物・準備15選! 行ってみて気づいたこと!

2017.04.27

ロードバイク初心者が彼女としまなみ海道へ! 満足できた2泊3日のプランを紹介【2日目】

2017.04.27

ロードバイク初心者が彼女としまなみ海道へ! 満足できた2泊3日のプランを紹介【1日目】

2017.04.26

本記事は2記事目。1記事目からの経緯

グルメ・景色・酒。 欲望のままに、しまなみ海道を2泊3日でサイクリングする旅を考えよう

2017.04.13
1記事目の要約

  • しまなみ海道をロードバイクで走りたい
  • 積極的休息が目的で、走りはほどほどに
  • 美味しいもの食べたい
  • 美味しいもの、リストアップした

1記事目にて、美味しいもの・素晴らしい景色・解放感があることが判明。

ということで、今回はより具体的に、次のことを決めていきます!

  1. しまなみ海道への移動手段
  2. 走るルート
  3. 宿

 

1.大阪からしまなみ海道への移動手段

自転車を持ち込んで、移動できる手段は2つ。

  • 新幹線
  • フェリー

これらの所要時間・金額はこんな感じ。

 

 

新幹線

所要時間:1時間半

料金:8500円

新大阪駅→(新幹線)→福山駅→(各停)→尾道駅

 

四国オレンジフェリー

前日22時乗船、翌日6時着

料金:9930円

( 1等室 8,740円+手荷物1,190 円(10~20kg以下))=9930円

大阪南港→東予港

 

新幹線?それともフェリー?

迷いましたが、フェリーを使うことにしました。

フェリーを選んだ理由

  • 1等室と新幹線の、価格差は約1500円
  • 1500円を払うことで、1日泊まれて、早朝から乗り込める
  • 船内レストラン・バスルームが揃っていて、フェリーというより、客船な感じ
  • 船旅は特別

宿泊して移動の体験はなかなかないからね!
フェリーで決定♪

▼ということで、前日の夜からフェリーで移動。
初日は東予港からスタートすることにしました!

船酔いしやすい僕たちに朗報

瀬戸内海の波は内海。
太平洋や日本海と違って、波が高くないから、船酔いしにくいらしい!

 

往路が決まれば、ルートが見えてきた

しまなみ海道を走るときのルートは大きく2つ。
上に行くか下に行くか。

▼今回は東予港からスタートして今治へ。
今治からしまなみ海道へ入ることにします。
今治→尾道ルートですね。

▼ここでプランをざっくりと整理。

前日 22時 大阪南港

1日目 6時 東予港

1日目 朝 しまなみ海道入口

1日目 サイクリング

1日目 しまなみ海道の宿到着

2日目 サイクリング

2日目 尾道到着(しまなみ海道走破)

3日目 尾道散策~帰宅

 

大体見えてきましたね!それでは、初日の宿を決めましょう。

もし、尾道スタート、尾道ゴールにする場合

大阪から往復の両方新幹線を使う場合も考えていました。

尾道から今治まで、サイクリング。
そして、今治から、高速バスで尾道まで戻るプランが良いかも!
ここの高速バスは自転車の積み込みが出来るんです。
2250円、事前予約が必要、1日3便だから要時間確認。

しまなみサイクルエクスプレスバス

 

1日の走れる距離で宿を決めよう

僕たちは自分たちが楽しく走れそうな距離から、宿のおおよその場所を決めました。

60km。

これが楽しく、ゆるく走れる最高の距離。たぶん。

これ以上を走るとなると、しんどくなってしまうはず。
1日の移動距離を60kmに抑えることにしよう。

 

▼まず、フェリーの東予港から、しまなみ海道へ入る距離は28km。
結構あるな…。

 

今治まで輪行もありかもね

しまなみ海道の近くまで、輪行する場合。

玉之江駅→波止浜駅

初日、しまなみ海道に入るまでに、28km走る。
となると、残り走れる距離は30km。

しまなみ海道の全長は約70kmだから、
30kmだと半分の手前のところまで行けるかな。

▼伯方島・大三島が半分の手前くらいにあたりそう!
ここに宿があれば、60kmの走行で済みそうですね!
どちらかの島で宿を探すことにしました。

とはいいつつも、宿探しが難しい
グーグルで宿泊施設を検索するものの、たくさんの島がヒットしてきて、
道路で続いていないところの島の宿も出てきます。

そこで、便利なのは楽天トラベルでした。

地図上に表示、料金の安い順にチェックを入れると、一気に見やすく!

 

▼こんな感じ!
一目で場所が分かり、マーカーの数字が小さいほうが安い宿だと分かるように!

 

この後、夕飯・朝食付きで絞り込んで、
料理旅館 しまなみ海道 富士見園さんに決定しました!

 

今、リンクを貼っていて分かりましたが、楽天トラベルから申し込むと、1人3000円以上安かったです…。

▼ちなみに、学生さんなら、楽天トラベルで4000円オフのクーポンもらえるそうです。
けしからん。うらやましい。もう一度、大学生やりたい。


宿は洗濯・乾燥できるかチェック

ちなみに、宿はリネン室をチェックしました。
サイクリングだから、出来る限り身軽にしたいからです。

初日に着た衣類を、宿到着後に洗濯・乾燥して、1着で済ます計画!
軽いは正義。

ということで、宿はリネン室の有無を確認してた方がいいかもです!

 

発送もアリ

持ち運ばずに、宅配便を使うのも良いかも!

宿によると、宿から宿へ荷物の発送・受け取りしてくれるところも!

しまなみ海道はサイクリストのサービスが充実してますねー。

 

2日目 残り40kmをのんびり走る

宿の話から、ルートの話へ戻ります。

宿を出発し、しまなみ海道を最後まで走り切ります。

▼残り40kmだから、初日よりのんびりできそう!

 

 

2日目は食べ歩きも増やしながら、走る予定です。

夜は尾道で宿を取り、最終日は尾道散策をして、新幹線で帰宅予定。

 

まとめ

  • しまなみ海道を走るルートを決めた
  • 今治スタート、尾道ゴールの北上するルート
  • 行き フェリー
  • 帰り 新幹線
  • 宿も決めた
  • 1日60kmを走る限界として
  • 公式サイトで予約するより、楽天トラベルの値引きが大きくてびっくり

ということで、最後は急ぎになりましたが、ルートの決めた経緯を中心に説明しました!
美味しかったものなど、行った後の記事も書きたいと思います!

グルメ・景色・酒。 欲望のままに、しまなみ海道を2泊3日でサイクリングする旅を考えよう

2017.04.13

(追記)実際に行きました!

しまなみ海道サイクリングに必須の持ち物・準備15選! 行ってみて気づいたこと!

2017.04.27

ロードバイク初心者が彼女としまなみ海道へ! 満足できた2泊3日のプランを紹介【2日目】

2017.04.27

ロードバイク初心者が彼女としまなみ海道へ! 満足できた2泊3日のプランを紹介【1日目】

2017.04.26

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA