surface pro4の付属ペンが接触不良。線が途切れ途切れになっていたけど、ペン先交換で解決した

愛用しているSurfacePro4。

ところが、surfaceペンを使っていると、接触不良が起きて、断線するような現象が頻繁に起きて悩んでいました。
それが、純正のペン先に交換することで、改善した

というお話です。

この記事で登場するsurfaceペンの種類

Surface pro4に付属しているペン
ペン先の逆側にボタン(消しゴムとして使える)があるタイプです。

surfaceペン

 

交換前のsurfaceペン

ペンの先端。黒い部分がグレーの部分を覆っているのが分かりますか?

この黒い部分が割れてしまい、覆われているはずのグレーの部分がかなり露出していました。

surfaceペンの先端

この状態で絵を描いていると、まっすぐ線を描いているのに、線が途切れ途切れになっていて、めちゃくちゃストレスがかかります。

 

交換前に描いてみた

どのくらいストレスが溜まりそうかというと…動画で説明します。

Surfaceペンで描いている様子。

書いている時、画面からペン先を離していないのに、線が途切れ途切れになっています。

チャタリングというのかな?
ペン先を画面に押し付けて、まっすぐ描いているつもりでも、接触不良のように、ブチブチ断線

調べても原因が分かりませんでしたが、この機会に純正キットのペン先に交換することにしました。

純正ペン先キットを開封

届いた純正キット。
これだけで、交換まですべて簡単に行うことができます♪

誰でも分かるようなイラストで日本語が読めなくても交換できるくらい、直感的にわかりやすいキットでした。

▼開けてみます。

surfaceペンのペン先キット

▼中身はこんなの。付属のケースと4種類の替え芯が入っています。

ペン先は全4種。
2H、H、HB、2B。何を選ぶか迷いますね!

surfaceペンのペン先4種類

 

ペン先を交換する方法

交換方法はめちゃめちゃ分かりやすい&簡単です。製品を作る段階でかなり考えられているなと感じて感動しました。

▼付属のケースにも工夫があって、芯が入っている逆方向の部分がピンセットのような形状になってます。
ピンセットのように使うことで、既にペンに刺さっているペン先を簡単に引き抜くことができます。

surfaceペンのペン先ケースを横からみた様子

やったら分かりますが、結構感動もの。

力はほとんど必要なくて、女性でも簡単に交換できるはず。
ケースの形状はよく考えられているなぁ…と、感心しました。

念のため…ですが、動画もあります。すごくわかりやすい製品ですが、見たい方はどうぞ!

 

ちなみに、交換する芯は、一番柔らかいBのペン先を選びました。

理由は、小学生の時から、鉛筆は柔らかい派だったからです。
買ったばかりのSurfaceペンには、HBが刺さっていて、HBからBに変えただけでも、先端が柔らかくなっていることが感じられました。

何回も抜いたり挿したリできるため、お好みの硬さを選ぶのがいいんじゃないでしょうか!

 

ペン先交換後

線が途切れ途切れになる現象は次の通り、完全に正常に回復しました!おめでとうございます。

 

しかも、HB → Bにしたことで、めちゃ描きやすいです!
自分の好みになったペン先がこんなにテンションあがるものだとは!

プラスチックがゴムに変わったようなイメージ。

書き味がすごく柔らかく&弾力感が出るようになりました。

▼交換したHBのペン先を比較。

surfaceペンの交換前後のペン先を比較

やっぱり割れてますね。黒い部分が割れ、覆っているはずのグレー部分が露出しています。
割れている部分から電気信号が漏れたりして、接触不良になったんかなぁ?

 

まとめ

  • surfaceペンの描いている時に途切れる現象は、ペン先交換で治る
  • ペン先の交換は、純正のペン先を買えばOK
  • 誰でも簡単に交換できます
  • というか、新品のペン先描くのめっちゃ気持ちいい

 

僕が買ったときはAmazonで1510円を狙って買いました!
今見たら、2299円になってたから、安いとき狙えばいいかもしれません!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA