激安ケーブルで大失敗。買い直して分かった、SurfacePro4の充電ケーブルは3000円以上を選ぶことをオススメ

surfacepro4-ACアダプター-比較

2017年7月某日 SurfacePro4の充電ケーブルが故障し、新たなケーブルを買い直す羽目に。

Amazonで1000円台の安い充電ケーブルを試すも、盛大に失敗
結局、3000円台のケーブルを買い直したら、そこそこ幸せになりましたというお話です。

SurfacePro4の充電ケーブルを探している人は、安過ぎない物を選ぶことをオススメします…。

経緯 : 充電ケーブルがコゲた

▼未だに原因不明ですが、ケーブルがコゲました。

SurfacePro4の充電ケーブルが焦げた

な… 何を言っているのか わからねーと思うが 

おれも 何をされたのか わからなかった…

と言うやつです。

原因不明ですが、Surfaceに接続する箇所の金色の部分がコゲて(溶け落ちて?)なくなったため、充電できなくなり、買い直すことになりました。

 

様々な価格の充電ケーブル 1000円~10000円以上

Amazonで充電ケーブルを検索。

すると、価格にすごくばらつきがあるんです。

安いものは1000円から。高いものは10000円以上(Microsoft純正)という、
同じ充電ケーブルなのに、約10倍の価格差があるということが分かりました。

以下、書いてますが、紆余曲折を経て、3000円台など、中間の価格層も存在していることが分かりました。

ちなみに、SurfacePro4とSurfacePro3の充電器は共用で、同じものが使えます。

 

失敗例 Amazon1000円台ケーブル購入

安くて済むに越したことはありませんからね!1000円台のケーブルを購入しようと決めました。

 

Amazonで検索、安い製品順で並び変えると、1000円台に3つの製品がヒット。

そして、レビューが酷い。

☆1 充電できませんでした。

もはや不良品やん!という内容が書かれています。

そんな製品が3つあって、

  1. ☆1
  2. ☆1
  3. ☆なし

という、悪魔のロシアンルーレットのような状態から、僕は3番、☆なしケーブルを選びました。ぽちっとな。

 

1000円台の充電ケーブルと純正ケーブル

左が1000円台、右が純正

 

結論 激安ケーブルはあかん

 

いきなり結論を述べましたが、充電できません。

接続を試みると、すんなりと接続出来るから、SurfacePro4用ということは間違いない。

だけど、充電が一向に進まない!
PCを使っている時は1%も充電が進まず、スリープ状態で1晩充電しても、100%にならない!!

そして、発熱がすごい。
画面が真っ暗の状態で充電しても、冷却ファンが回り出すという事態。

さらに、PCが熱くなるだけじゃなく、ACアダプターのトランス部分はもっと熱い!持てないくらい熱い!

あなたは、ヒーターですか。

 

次、中堅(3000円台)充電ケーブル

めちゃめちゃ熱くなる1000円のケーブルを諦め、泣く泣く2本目を購入。

次は3000円台。安物買いの銭失いとかなんとやらだよ。

ぽちっとな。

3000円台の充電ケーブルと純正ケーブル

左が3000円台、右が純正。形はほぼ同じ。

 

結論 これに決めた

 

まぁまぁ、熱くなったり充電スピードがゆっくり気味ですが、全然妥協できます。

さくっと、特徴まとめ。

  • USB充電ポートあり(純正同様)
  • コード長が純正より少し短い
  • 充電スピードはそこそこ(純正より気持ち、遅い)
  • 発熱は純正より大きいが、妥協の範囲内
  • 1年間の保証アリ

 

純正は価格も高いが、性能も高い

今回、改めて思ったのは純正のすごさ。

なんといっても、純正はあんまり発熱しません。

 

昔のぼく
いやいや、純正ケーブル使ってても発熱するで!?
今のぼく
社外品使ったら、もっと発熱するねん!ホンマに!それに比べたら、かわいいで!!

 

 

純正でも発熱はありますが、社外ケーブルに変えたらもっと熱くなります。

多分、バッテリーに良くないでしょうね…。

長く使うのには向かないのかも…しれません。

 

今、純正を使っている方は大事にしてください!僕のように謎にコガさないようにしましょう!

 

強いてメリットをあげるなら、社外ケーブルは軽い

頑張ってメリットをあげるなら、重量が軽いことかな。

1000円台194g

1000円台 194g

3000円台173g

3000円台 173g

純正 201g

純正 201g

 

まとめ 激安以外で、選びましょう

  • 激安ケーブルは充電が満足にできない
  • 3000円台なら充電も発熱も合格点
  • 高いけど、純正は性能高い
  • 性能は価格帯に比例する結果となりました

とにかく言いたいことは、激安ケーブル以外を使えということです。

お金があれば、発熱の少ない純正ケーブルを。

コスパ重視であれば、僕のように3000円くらいのがいいでしょう!
ちなみに、3000円台のケーブルは、1年保証が付いているので、試してみるってのもいいかもしれません!

 

【悲報】今、純正ケーブルを4000円で見つけちゃった…

記事を書いている今、純正ケーブルを4000円台で見つけてしまいました。

  • 並行輸入品=同じもの
  • バルク品=段ボール等の包装されていない

で、別に本体は新品だし、問題ないから、こっちを選びたかった…

悔しい…。

すごく悔しい!以上です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA