コストコの物置を小屋暮らし目線からレポートした

コストコで売られている小屋?ガレージに入ってレポートする記事 

一昨日、コストコに行って小屋の中に入ってきました!
これ。

以前、小屋暮らしの候補として
コストコで販売されている小屋について紹介しました。

【住居】小屋暮らしに興味がある僕が、小屋以外で住居の候補をいくつかあげてみました

2016.07.03

結論から書くと、コストコ小屋で暮らすのは、ちょっと厳しいかも…。

そう考えた理由と、それを踏まえての戦略なんかも書いていきます。

価格の差

コストコで販売されている小屋は、バリエーションがあります。
それに伴い、価格が異なります。


2017年1月現在、コストコ尼崎店で展示されていた小屋は3つ。
8万円、9万円、10万円台のものがそれぞれ展示。

値段は、小屋の大きさに比例します。

3つのうち、8万円、10万円の2つの小屋に入りました。
大きさが異なるだけで、構造材料は樹脂+金属(内部に強度補強の枠 下で説明)で、同じものが使われていました。

 

窓がある

物によりますが、窓があります。

8万円、10万円の小屋で窓がついていることを確認。

▼窓の材料。透明の樹脂で(アクリル?)、開け閉めはできません。

つまり、窓のように開け閉めをして換気はできません。採光のみですね。

 

採光部

窓以外に採光部があります。場所は内側に入って上部。そこそこ明るくなります。

透明ではなく、白色の樹脂になっていて、光を取り入れられます。

 

小屋の高さ

小屋の中に入って、内部の高さを確かめてみました。
確かめ方は、完全なる主観によるもの。
180cmの僕が手を上に伸ばして確かめてみました。

in 10万円の小屋。

最も高いところは2mくらい

背伸びしても届かないから、結構高い位置にある。
2m以上あるかな。

小屋の屋根は三角形になっています。つまり、端に行けば、高さが低くなっていました。

最も低いところは1.7mくらい

端っこ。
180cmより低かったです。

 

 

鍵というより、かんぬき?がついてありました。

外側からの簡単な鍵。
外からノブを回すことで、誰でも簡単にドアを開けられます。
防犯性はありませんね!

あくまで、風などでドアが開かないようにする…みたいな目的でしか使えないでしょう。

 

小屋の床についても調べてみました。

写真を撮るのを忘れてしましたが、樹脂の床です。
そこまで耐久性があるとは思えませんでした。

樹脂なので、中で激しくジャンプしたり、暴れたら、壊れそうです…。

荷物置きとして使う場合も、コンパネを敷いたらいいかもしれません。

 

小屋の壁は、樹脂でできています。床と同じ素材ですね!
押すとバキッと割れることはないような強度だけど、バットとかで殴ったら割れるかも。

壁をコンコンしてみたりした動画を撮りました。

 

金属の枠(フレーム)

外からは見れないけど、小屋の内側に金属の枠があります。
おそらく、強度を上げるためでしょう。

中心部、頭より高い位置(高さ2mくらい)に通ってます。

一般的な日本人だったら、中で頭を打つことはなさそう!
だけど、荷物を高く積む場合などは、邪魔になってしまうかもしれませんね。

 

換気

ドアの部分に換気穴がありました。

価格によって形状も違っているので、物によって換気のしやすさが変わるかもしれません。

8万円の小屋の換気口。

10万円の小屋の換気口。

これだけで,換気をすべて担うのはおそらく無理!
小さい換気扇を取り付けるなど、対策が必要でしょう!

 

小屋暮らしに使えるか

  • 樹脂は思ったより丈夫
  • しかし、防犯性は低い・遮熱性は低すぎ・強度は少し不安
  • 小屋暮らしには心もとない

ということで、小屋暮らしにポンと使用するのは厳しそう。

ということで、小屋 in 小屋とかどうでしょう!

小屋 in 小屋

更地に小屋を建てるのではなく、既存の建物・ガレージの内部に
小屋を設置するという荒業。

法律的にも、強度的にも1から小屋を立てるよりも簡単にできるかも?

また、調べてみたら面白いかもなぁと思いました!

以上、コストコの小屋レポでした!!

 

土地を取得せずとも小屋暮らしを始める方法を考えた 物置in小屋編

2017.03.26

電気あり、月額5000円のガレージ(物置)で1晩過ごした。小屋暮らしに使えないか考えた。

2017.03.13

ガレージの中に小さい小屋を建てれば、過ごせるんじゃないかと考えた記事と

実際に、真冬にガレージの中で1晩明かした記事もどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です