ACアダプターが断線!? ネジが無いACアダプタの開き方と修復方法を紹介します!

断線しかけたACアダプターを開いて、修理した記事。

 

記事を要約すると、こんな感じ。

  • ACアダプターの付け根から中身が見えた
  • 修理しようと思った
  • でも、開かない
  • というか、ネジが見あたらない
  • それでも頑張って、修理した!

最終的に、
ACアダプターを開け、修復、元通り使えるようにしました。

機器は正常なのに、電源線が悪くなったから買い替えるなんて嫌だなぁ…と思ってましたが、
無事に使えるようになって、大満足です!

以下、写真たっぷりで修理風景などを紹介します!

おやくそく

以下の作業は電気的な知識が必要です。
間違った作業を行うと、ケガ・火災につながる可能性があります。

絶対にしないでください。

ちなみに、僕も第二種電気工事士の資格を持ったうえで作業しています。

もし、知識や自信がない場合は、ACアダプターを買い替える方がオススメかもしれません。
電圧・電流さえ合えば、安く手に入るものもありますよ!

個人的には、以下の作業風景で興味を持ってもらい、電気工事士の資格を取ってくれる(勉強過程で電気の知識が身につく)人が増えてくれたら嬉しい

 

修理前のACアダプター現状

それでは本題に移ります。
ただ、作業に移る前に、作業前のACアダプターについて紹介から。

熱帯魚のLEDライトに付属する、ACアダプターの付け根がこんなことになっておりました。

よく折れたりする部分の、樹脂部分が劣化し、中身の銅線が露出してしまった状態ですね。

ACアダプターを開いて、銅線部分をはんだ付けすればいいや…と思ったのですが、
このACアダプター、開いてくれない。

というのも、ネジが見当たらず、それでいて固く接着されている感じで、簡単に開けない構造になっておりました。

詳しい友人に聞くと、超音波で樹脂同士をくっつけているらしく、知識がない人に開けないようになっているのだとか…。

ということで、頑張って開き、修理していきます!

 

実際の作業風景

毎度のごとく、写真たっぷりで作業風景を紹介します!

 

1.ACアダプターを開ける

ACアダプターの外側は接着されている状態だから、ナイフで切り開くイメージで接着面をこじ開けていきます。

電工ナイフを使用

▼接着されている場所は、ここでした。全面、切っていきます。

ACアダプターを開く

▼スーッと切るよりは、カリカリと削っていく感じで複数回往復するように動かすと、いい感じでした。

接着面を切り開くイメージでナイフをいれる

▼最終的には、ナイフで切ったすき間にマイナスドライバーを差し込み、こじるように開封していきました。

マイナスドライバーでこじ開ける

▼開封完了!!

ACアダプターを開封完了

今回は電工ナイフを使いましたが、大きいカッターナイフでも大丈夫だと思います!
ただし、刃が折れないように、作業には注意してください!

 

2.電線のはんだ付け準備

ACアダプターを開いた後は、電線を電気的に接続していきます。

▼電線を接続するためには、中に入っている銅線を露出させなければなりません。

電線はこんな感じ

▼ということで、ニッパーで電線をカット。

ニッパーで電線を切断

▼ワイヤーストリッパーという工具で、電線の被覆を除去して、銅線を露出させました。

被覆ストリップ

▼同じく、ソケットがついている電線の被覆もストリップします。

ソケット側の被覆もストリップ

銅線部分が露出したことで、はんだ付けの下準備が整いました。

しかし、直流電源には極性がある(プラス・マイナス)ため、はんだ付けをする前には、極性をしっかりと確認する必要があります。

 

3.極性確認、はんだ付け

さて、それでは極性確認をしていきます。

プラスとマイナスを間違えてはんだ付けすると、機器の破損や感電などにつながる恐れもありため、十分に注意!

▼まずは基板側。基板にそのまんま書いてました!

基板側の極性を確認

▼次にソケットが付いている側(以下、ソケット側)の極性を見ていきます。

ソケット側の極性を確認

▼ソケットをよくよく見ると、極性マークの記載がありました。差し込む部分の金属部分に極性があるんですね。

これで、ソケットのプラス、マイナス箇所が分かりました。

ソケットに記載されている極性マークの意味
実際に知りたいのは、ソケットの逆側、電線のストリップ箇所の極性です。

▼ソケットの逆側に伸びている電線2本、どっちがプラスなのかマイナスなのか確認します。
ここでは、マルチメータの抵抗測定を使いました。
ソケットの外側金属部分(マイナス)と、ストリップした電線部分の抵抗が0になる電線がマイナス側です。

マルチメータの抵抗レンジで確認
マイナスの線が分かる原理

マルチメータの抵抗レンジでは、対象に電気を流して、電気の流れにくさを測定します。
今回、ソケットのマイナス側と抵抗が0になる電線がマイナス側でした。
これは、電線の抵抗がほぼ0になるため、判断できました。
逆の電線で測ったら、電気的につながっていないため、抵抗は∞になるはず。

詳しくはマルチメータの使い方解説をしているサイトなどをご覧ください!

▼基板のマイナス側、ソケットのマイナス側の銅線をより合わせて、はんだ付けの準備完了です!

はんだ付け

▼はんだ付けの作業は省きますが、無事、はんだ付けできました!

はんだ付け完了

 

4.絶縁処理~完成

はんだ付けの箇所には、絶縁処理をしないと漏電の原因になります!
ということで、ビニルテープを巻いて漏電しないようにしました。

▼念のためテープが2重になるように、はんだ付け箇所に巻きました。

ビニルテープで絶縁して完成

▼蓋を閉めたらこんな感じ。ちょっとダサいけど完成です♪

完成
お疲れさまでした!

結果

熱帯魚のライトも、この通り。
機器が故障したわけではないから、今回の修復によって、これからも使い続けることができますね!!

LED照明の動作確認

 

まとめ

ACアダプターを開けて、修理した記事でした。

  • ACアダプターが断線しかけた
  • 修理するために、ナイフで殻割り
  • はんだ付けで電気的に接続
  • 絶縁処理して完成
  • 元通り使えるようになった

ということで、元通り電化製品が使えるようになって、大満足です!
何回も言いますが、電線が悪くなっただけで、丸ごと買い替えるなんてしなくて良くなりましたからね!
今後も末永く使っていこうと思います。

現場からは以上です!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA