缶ビールに炭酸添加して、強炭酸な美味いビールを作った

アサヒ スーパードライを独自に強炭酸にして飲んだお話。

ごく普通に売られているスーパードライ。

このままで飲んでも美味しいのは間違いありません。
ですが、今回に炭酸サーバーから炭酸を添加して、強炭酸バージョンを作ってみました。

結論から言うと、めちゃめちゃ美味い

僕は居酒屋で飲む生ジョッキや瓶ビールは缶ビールより美味しいと思っていたんですが、理由は缶ビールよりも炭酸の量が多くできることかもしれません。

今回、飲んで感じました。

缶ビール代+5円でめっちゃ幸せになれたので、情報共有をしたいと思います。

缶ビールの炭酸

まず、何もしていない状態から。
そもそも、缶ビールの炭酸・のど越しに不満を感じる人は珍しいのではないでしょうか。

実際、僕は不満なんてありませんでした。
自分で炭酸水を作るまでは。

実際、缶ビールの炭酸の加減はこれくらいです。

ここから、炭酸を添加していきたいと思います。

炭酸添加する様子

炭酸を追加する様子を紹介します。

以前に作った装置で炭酸を入れるためには、ペットボトルに移し替える作業が必要です。
ということで、1リットルのペットボトルに2本の355mm缶を投入。

漏斗を使えば、簡単に移し替えが完了しました。

めっちゃ泡立って、既にある炭酸が抜けてそうですね!

先ほど抜けた炭酸を取り戻し、それ以上に強化していきます。
ということで、ミドボンでガッツリ炭酸を加えます。

カッチカッチになるまで、炭酸を投入。

このまま飲んでも強炭酸ビールですが、冷凍庫で置いておくと、炭酸が馴染んでより強炭酸になります。
ということで、16時間放置しました。

 

開封の儀

16時間放置後。最強に炭酸が高まったのを感じます。

炭酸の強い様子をお伝えしたかったので、動画にしました。開封音、炭酸の湧き上がる様子をご注目。

画像では、こんな感じ。

もはや、立ち昇るオーラのようになっているぞ!絵的にすごい。

蓋を開けた直後。もはや、ドライアイス…? 煙が出てます。

▼グラスに注いだらこんな感じ。

▼やばい。

泡過ぎる…モリモリ…

これはひどい。

ビアグラスとビールの温度差がありすぎるか?

ということで、冷やすことにしました。

氷水を入れて冷やしました

それでも、結構苦戦して、ちょびっとずつ入れたり、1分くらい置きました。

こんな感じ。スパークリングワインのように泡が立ち上っています。

缶ビールの時に比べれば、立ち上る泡が多いです。

 

飲んでみた

ということで、飲んだ感想です。ビールを注ぐのは苦戦しましたが…飲んでみましょう。

・・・

ゴクッ

・・・

くっそうまい!!!

 

口の中ではじける炭酸の量が半端ない
バチバチ。

超辛口だ!!!

のどごしの感覚は、水分とはじける泡が半分くらいになったよう。

ゴクゴクいけば、喉が痛いほどに刺激的です。

喉が痛いほどの、強炭酸ビールは居酒屋でも飲めないでしょう!

・・・昼間からの実験にも関わらず。テンションが上がりすぎました。

 

炭酸がキツいハイボールは美味い。

そして、炭酸がキツいビールも美味い。
新しい法則を見つけてしまったようです。

本当に美味しいです。

 

まとめ

普通に飲んでも美味いスーパードライを強炭酸にした内容でした。

  • スーパードライは美味い
  • それを強炭酸にしてみた
  • 強炭酸のスーパードライはもっともっと美味い
  • 瓶ビールが好きな人は絶対好き
  • 是非とも作りましょう

炭酸水メーカーは、炭酸水だけでなく、既存の炭酸飲料も美味しくすることができると改めて分かりました。

コストはビール代金を除けば、1リットル5円ほど。
是非とも、炭酸水メーカーが手元にあれば作りましょう!

夏場が待ち遠しいです。
以上、ご清聴ありがとうございました!

家庭で炭酸飲料を自作しよう!炭酸水サーバーの作り方・使い方を徹底解説

2017.02.08

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。