ロードバイク初心者が彼女としまなみ海道へ! 満足できた2泊3日のプランを紹介【1日目】

2017年4月下旬。
彼女と2人で、しまなみ海道サイクリングに行ってきました。

目的は3つ

  1. のんびりサイクリング
  2. 解放感を味わう
  3. 美味しいものを食べる

→全部達成できた!

僕たちは1日60km走行が限界のゆるゆるサイクリスト。
その2人が食べ歩きしたり、海見たりのんびり満足できたプランを紹介します。
しまなみ海道をレンタサイクルで走りたい人、ゆるーく走りたい人の参考になればと思います!

今回の旅に出る前に、計画を立てている3記事もどうぞ!
美味しいもののリストアップ、宿の場所で悩んだり、スタート地点(今治スタートか尾道スタートか)を決めてます!

しまなみ海道 サイクリングで他の方が困ったこと・トラブルを事前に調べて解決するよ!!

2017.04.21

【今治→尾道ルート】大阪からフェリーを使い、しまなみ海道をロードバイクで北上する計画を立てた

2017.04.20

グルメ・景色・酒。 欲望のままに、しまなみ海道を2泊3日でサイクリングする旅を考えよう

2017.04.13

前日~1日目の計画の要点まとめ

  • しまなみ海道の走り方は今治から尾道へ向かうルート
  • 前日の夜、大阪(南港)からフェリーで愛媛(東予)に移動
  • 東予から出発し、今治へ
  • 今治→大島→伯方島→大三島
  • 大三島で宿泊
  • 初日の走行距離は60km予定

 

前日 フェリーにて 大阪→愛媛(東予港)

前日22時発のフェリーへ乗船。翌日6時着予定のプランです。

▼輪行でフェリー乗船
自転車が手荷物料金に加算されると思ってましたが、かかりませんでした。

しまなみ海道へフェリー輪行

 

乗り込むとなかなかに豪華!

▼一等室(4人部屋)ですが、利用者が少ないらしく、1室丸々貸し切り!
ゆかた、バスタオル、フェイスタオル、歯ブラシ等、支給されます!

腹ごしらえに、食堂へ!
22時半まで飲食できます。

▼飲食内容はこんな感じ。
他にも、豚チャーシューやソーセージなど、おつまみメニューがあります。

びっくりしたのは、酒類。

▼生ビールのサーバーの他、焼酎・日本酒がそこそこありました!
ワインもボトルであったり、普通のチェーン店居酒屋よりも充実。

 

結局、おでん・チャーシューみそ煮・カレーをチョイス!
美味しかったです。

▼写真以外にも、日本酒とビールを頂きました。

甲板に出て、明石海峡大橋の下で写真撮ったり、はしゃぎました。

大浴場では、湯船に浸かりながら海が見れます。
残念ながら、深夜だったため海はあるけど真っ暗で見れませんでした…。
日の出に合わせて浸かると、幸せになれると思います。

 

1日目 愛媛(東予港)からしまなみ海道まで

翌朝の到着は6時。7時まで船の中に滞在できます。

食堂では朝食が食べられて,バイキング形式。
瀬戸内海の食材が充実しているから、食べるべき!
1080円。

オレンジジュースがポンジュースだったり、瀬戸内海産のしらすがあったり、現地の食べ物がそこそこあります。
オレンジを食べて育ったニワトリのたまごが美味しかった。
卵かけごはんがいいですよ!

 

そこから、サイクリング予定でしたが、輪行にしました。
最寄り駅である壬生川駅まで、オレンジフェリーの自社バスで連れて行ってくれるからです。

無料です。自転車を輪行バッグに入れて、持ち込み可能!

 

▼7時発のバスで壬生川駅へ

壬生川→波止浜まで輪行予定でしたが…
途中でお腹痛くなって、伊予富田駅で下車。

▼それでも、東予港→サンライズ糸山までの半分くらいの距離が稼げました!
(サンライズ糸山…しまなみ海道 今治側の入り口に位置するところ)

伊予富田駅から、
ロードバイクを組み立て、しまなみ海道サイクリングスタート。

▼疲れを少しでも緩和するために、
アミノバイタルのクエン酸飲料を水に溶かして、黄色い飲み物を作りました。
スポーツしてる感がすごい。

※旅前に書きましたが、実際はグリコがいいみたいです。
管理栄養士に聞いたところ、成分値で見ると、グリコの方が桁違いに入っているそう。

しまなみ海道 サイクリングで他の方が困ったこと・トラブルを事前に調べて解決するよ!!

2017.04.21

のんびり走って11時には、サンライズ糸山へ到着!
レンタサイクルを借りるならここですね。
自走で来ている方も、多くの方がトイレ休憩などで利用していました。

▼建物に入ると、目の前に広がる橋と海は圧巻。

1日目 しまなみ海道へ

走りだしても最高。

▼橋の写真はこれだけにしておきます!
本当に良いから、実際に体験してほしい!

そして橋から見える島、海が本当にキレイ。
瀬戸内海は内海だから、キレイな海じゃないと思っていたけど、めちゃめちゃ透明度高かった!

▼潮のくさいにおいも全くなし!

今まできれいな海じゃないと思ってて、ごめん!
こんなに綺麗ならビーチで寝たいです。

▼寝ました。

▼空には何もありません。

良いなと思った砂浜で寝転びましたが、解放感がたまりませんでした。
自転車用のシューズ、靴下を脱いで、砂浜を歩いたら気持ちいいですよ。

 

1日目 昼食 ライフショップ大島(地元のスーパー)

昼は有名どころ「道の駅 よしうみいきいき館」にしようかと思いましたが、
観光客向けバリバリだったから、面白くないなと思い、地元のスーパーへ。

”地元の人が食べているものを食べたい欲”が結構あります。

ライフショップ大島店


▼地物の鯛のお刺身が最高でした。

▼おやつにハタダの塩どら焼きを買いました。本旅行中の美味しいおやつNo.1
口に入れた瞬間にしょっぱさが必ず伝わって、そのあとの甘さを引き立てます。
何回食べても、絶対に塩味が感じられる!すごい!

伯方の塩を使ってるらしい。3個入りで約450円。

 

昼食後は休憩したり、海見たり、走ったり。
宿に向かって進みます。

坂道もしんどい!!
35kmくらい走ると、おしりも痛くなってきた。

でも、頑張って進みます。

 

 

1日目 大三島の宿へ到着

▼なんとか大三島に到着し、初日の宿 富士見園へ。

富士見園、結論から言うと最高でした!

▼自転車の方も多く、サイクルスタンドも完備。

大浴場の海水風呂で汗を流し、着ていた衣類を洗濯。

▼洗濯機の使用料100円で、洗剤もいただけます。
部屋干し用のハンガーなども借りられるため、サイクリストに最適化されてます。
ご配慮、とても助かりました。

夕飯まで時間があったから、乾杯!
浴衣で、多々羅大橋を望み、飲むビールは最高でした!

▼現在17時半。明るい時間だから、この景色!

 

▼ちなみに、冷蔵庫に入っている飲料はこんな感じ!

隣の島の旅館のレビュー(だったかな?)で、
旅館の瓶ビール1本1300円でした…などと書かれていて、
旅館価格なのか!?と、少しびびっていたんですが、
杞憂に終わって良かった

▼晩御飯も最高。
食べ物に夢中で撮影を忘れましたが…。

とにかく対応が丁寧で、しっかりと休めました。
食べ物もおいしかったし、言うことなし。

楽天トラベルより、「板長のおまかせで 訳アリプラン」を予約しましたが、
1人10000円で晩御飯・朝食と文句なしの内容でした!
(朝食は2日目の記事に書いてます)

 

大阪南港から大三島までのまとめ

フェリー(前日)と1日目の内容をいったんまとめます。

▼移動はこんな感じ。

  • しまなみ海道は今治→尾道ルート
  • フェリーから最寄り駅まで、無料送迎してくれた
  • 今治まで輪行にした
  • 60km予定が40kmになったけど、食べ歩いたりする余裕に繋がった
  • むしろ初心者は1日30kmくらいで考えた方が楽しめると思う!
  • しまなみ海道は道もわかりやすく、サイクリスト天国
  • 海もめっちゃキレイ、解放感最高
  • 日没より早く宿について、ビール飲んだ
  • 気持ちよかった
  • 宿の魚が美味しかった

とにかく、行って良かったなと思い続ける1日目でした。

橋を渡る前には登りがあって辛いけど、
橋を渡るときには、上回る解放感があるから、苦にならない!
そのあとの下りも気持ちいい!

40kmの走行距離が初心者には良かったと感じました!

では、2日目に続きます!

ロードバイク初心者が彼女としまなみ海道へ! 満足できた2泊3日のプランを紹介【2日目】

2017.04.27

最終的なまとめはこちら!

しまなみ海道サイクリングに必須の持ち物・準備15選! 行ってみて気づいたこと!

2017.04.27

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です