【100均DIY】発酵式CO2添加システムの作り方【工具なし】

発酵式CO2システムの作り方

アクアリウム用、自作の二酸化炭素添加方法についてのDIY記事です。

  • 工具なし!
  • 簡単!
  • 安い!

100均の製品を使うと、発酵式CO2システムが簡単に作れます。

水草水槽に二酸化炭素を添加して、気泡があふれる水槽を作りましょう!

 

簡単な導入

CO2は二酸化炭素です。
植物は二酸化炭素を使って、光合成を行います。

しかし、水槽は二酸化炭素が少ない状態がほとんど。(大気中でも0.03%しかない!)
結果、二酸化炭素が不足していて、光合成を少ししか行えていないことが多いです。

もし、水槽内に二酸化炭素がたくさんあれば、水草はたくさん光合成が行えます。

そこで、僕たちが二酸化炭素を水槽内に溶け込ませることで、
水草にとって、よりよい光合成環境を作ってあげようということです。

 

そこで問題

費用。

専用のものはメーカーから売られていますが・・・高いです。
製品の値段はもちろんのこと、維持費が結構かかります。

システムに5000円。
そこから、ボンベを買う維持費が毎月1000円・・・など。

 

僕も、子どもの頃は欲しかったものの、諦めざるを得なかったことを思い出します。

ということで、安く自作しましょう。

 

 

二酸化炭素添加の自作について

自作で用いられる方法は大きくわけて3つ。

  • 発酵
  • 化学反応
  • ボンベ

以下、紹介する方法は発酵させる方法です。

 

発酵式CO2添加

発酵式は、イースト菌が作り出すCO2を水槽にいれちゃいましょうという方法。

イースト菌に砂糖を与えると、二酸化炭素が生じます。
この二酸化炭素を水槽内に溶け込ませるのです。

しかし、いざ作るとなると、手間がかかる

ペットボトルのフタに穴をあけて、ホースをつなぐ器具を接着して・・・
など、めんどくさがりな人には結構大変・・・。

 

今回、紹介するものは違います。

100均の製品を活用すれば、とても簡単に作ることができます。
※原案は私ではありません。ネット上にあったものを体系的に紹介させて頂きます。

 

用意するもの  総額500円未満!

  1. Seria 掃除道具の一部
  2. 逆流防止弁
  3. エアホース
  4. エアストーン
  5. 炭酸飲料用 ペットボトル
発酵式CO2システムの材料

 

1.Seria 掃除道具の一部

「自由に使える、3wayサッシブラシ ペットボトルに取り付けて どこでも水洗い!」と書かれてます。
要は、ペットボトルの先端に取り付けて、水を少量ずつ出せるお掃除グッズ。
これが、ペットボトルとエアホースをつなぐために使えます
100均一 Seriaの掃除道具売り場にありました。108円。

 

2.逆流防止弁

名高いチャームで購入。118円でした。
無くても成立しますが、水槽内の水の逆流を防ぐためにも、取り付けることをオススメします。

 

3.エアホース

お好きなものを。チャームで1m 105円です。

 

4.エアストーン

これもお好みで選んでOK。

僕はホームセンターで一番安かったもの 140円。
泡が細かく出るものは、表面積が大きくなるため(体積比)より効率的に溶け込ませたい人は、選べばいいかも!
CO2専用や、いぶきエアストーンは添加に向いていると定評があります。

 

4.炭酸飲料用ペットボトル

必ず炭酸飲料が入っていたペットボトルを選んでください。

普通のペットボトルでは破裂する危険があります。

炭酸飲料用のペットボトルは、丸くて凹凸が少なく、厚めで固く、口部は透明。これは、炭酸ガスの内圧に耐え、ボトルの変形を防止するためです。

キリン ペットボトルの秘密より引用

サイズは大きいのがオススメ。容量は500mlでも出来ますが、材料を少ししか入れられない=二酸化炭素が出る時間が短いです。

1ℓを今回使いましたが、2ℓがオススメ。

 

装置を組み立てよう

ペットボトルに掃除道具を取り付け、エアチューブ、エアストーンを取り付ける。
エアホースの途中に逆流防止弁を設置したら、完成。

発酵式CO2システム 完成

 

いきなり、完成で申し訳ない!
1つずつ解説しようと思ったものの・・・動画を作るのに精いっぱいで力尽きてしまいました(笑)

作成の詳細を見たい場合、動画の前半部分をご覧ください。

反響があれば、画像・テキストの詳細を作成しますm(__)m

 

発酵式システムに材料を投入

  1. 砂糖
  2. イースト菌
  3. 水道水
発酵式CO2システムの中身
計量カップ、はかりがあれば便利!

 

1.砂糖

1ℓに対し、200g (500mlであれば、100g)

容器の大きさに合わせて、倍増させてください。
砂糖の種類は上白糖、グラニュー糖…なんでも構いません。

 

2.イースト菌

2g(動画では2g を使ったものの、1gでもよかったかも)
砂糖を餌に発酵して、CO2を出してくれる、このシステムの主役。

 

3.塩

発酵のスピードを弱めてくれる、ブレーキの役割。
後で紹介しますが、イースト菌が活発になりすぎたときは更に投入すれば良いです。

 

4. 水道水

1ℓの場合800ml。

 

これらを混ぜて、システムにいれると完成。

発酵式CO2システム 混ぜた後

 

設置

後は水槽周辺に設置すれば完成です。

設置で気をつけることは「温度」
イースト菌は25度以上で活発にCO2を出します
20℃以上になりそうなところに置きましょう。

僕は濾過槽の中に突っ込んでいます。他にも、照明の上も良いかもしれません。(重量が許すのであれば)

 

CO2の放出具合

設置してから、12時間後を撮影しました。動画の2:14くらいです。

これくらいで維持していますが、暖かい時期はどんどん出てきます。
大量に出てきたときの対策は、塩を大さじ1杯ずつ溶け込ませること。
もし、溶け込ませ過ぎた時には、リセットするしかなくなるため、一気に溶かすのは辞めましょう
1日1回くらいで様子を見て、微調節するのが大切です。

 

対策:ペットボトルのキャップが密閉できない

シールテープ

コメントにて、ペットボトルとキャップが密閉できない悩みをいただきました!

シールテープで解決できました。

 

シールテープとは、水道管などのネジ部分に巻いたりして、水漏れを防ぐもの。
これは、ペットボトルのネジ部分にも有効でした!

 

▼このペットボトルは漏れます。凹ませて、キャップを締めても時間が経つと、膨らみます。(キャップ部が漏れて、外から空気を吸っているんでしょう)

ガス漏れしたペットボトル

▼シールテープをペットボトルのキャップを取り付けるネジ部分に使います。

ペットボトルとシールテープ

▼シールテープは右回転に巻き付けます。キャップを締める方向(右回転)と同方向にすることで、ゆるみを防ぐ目的。

ペットボトルのネジ部にシールテープを巻いた

▼シールテープを巻いた状態で、キャップを締めて放置しても、膨らまなくなりました(外から吸い込まなくなりました)

凹ませたペットボトルの密封性が維持

ガス漏れする…と悩んでいるなら、一度お試しください!
シールテープは、通販でも勿論、ホームセンターの水道コーナーで安価に手に入れられますよ!

別の炭酸用ペットボトルを試すのももちろん、有効です!

 

まとめ

以上で設置まですべて完成しました。

  • 二酸化炭素を溶け込ませると、水草の成長を高められる
  • 発酵式のCO2添加システムが安く、簡単
  • Seriaの掃除道具を使えば、さらに簡単
  • 材料費も安いし、お手軽
  • ということで作りましょう

一人でも多く、お金を気にすることなく水草が育てられると嬉しいです。
アクアリウムを楽しみましょう♪

 

コリドラスの繁殖の記事など、アクアリウム記事を他にも書いています。

小学校後半から、15年間くらいアクアリウムしてきたまとめ

2017.01.08

コリドラスパンダが自然に殖える理由【 自然繁殖で8匹→20匹オーバー 】

2016.02.21

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA