1000円と6000円の電動歯ブラシを乗り継いで比較!1000円で十分の結論に至った

ブラウンの電動歯ブラシを使いだして3本目。

今年から充電式から電池式の電動歯ブラシにグレードダウンしたんですが、
価格と性能のバランスが非常に良かったんです。

安いものでも十分良いですよ!というレビュー記事です。

ブラウンの歯ブラシの経緯

合計3台使った経緯を紹介。

 

1台目、2台目・・・充電式電動歯ブラシ

1台目、2台目は同じ製品を乗り継いで、充電式のタイプを使っていました。

Amazonで約6000円。

下の製品の青いタイプかな?

 

3台目・・・電池式電動歯ブラシ

本命の電動歯ブラシ。

1000円以下という、破格仕様ですごくありがたい

 

良い理由

一言でまとめると、「安いのに性能が良い」

安かろう良かろう。

 

電池タイプ=充電切れが無い

1000円の電動歯ブラシは、電池タイプ。

だから、電池が切れた時には交換することで、すぐに再使用できます。

でも、バッテリー充電のタイプなら無理。

1人暮らしなら問題ありませんが、家族がいる場合、バッテリー切れ問題が出てきます。

 

使う頻度が高い、朝・寝る前。

1人目、2人目は使えたけど、3人目はバッテリー切れ。

 

約1年でバッテリーが弱り、冬場には、バッテリー切れが頻発します。

電池タイプなら交換したら、すぐ使えます!

やったら分かりますが、

電動歯ブラシを手で動かしてて歯磨きすると、恐ろしくストレスが溜まります。

 

 

パワー

「安い、電池タイプはパワーが弱いのでは?」

正解。バッテリータイプに比べて、電池タイプはパワーで劣ります

だけど、パワー、いらない気がします。

 

僕の磨き方

歯と歯の間に、歯ブラシを置くイメージ。

ポン、ポンと2秒ごとに隣の歯に移動していく感覚で磨いていますが、
歯医者さんには、キッチリと磨けていると言われています。

これなら、安い電動歯ブラシでもパワーは必要なく、キッチリ磨けます

 

パワーが欲しければ、国産電池を

エボルタなど、国産の高級電池を使えば強パワー&長寿命が手に入ります!

・・・僕は安い海外アルカリ電池で十分!

 

旅行用にもOK

家では電動歯ブラシ、旅行には普通の(非電動)歯ブラシでしたが、

1000円以下だから旅行先にも、持っていけるようになりました。

気軽に使える価格と電池仕様のおかげですね!

 

維持費(替えブラシ)対策

純正の交換ブラシが高い問題。

プリンターに似てます
プリンター本体は安いけど、交換するインクカートリッジが高い・・・みたいな

純正品は1本200円。

しかし、サードパーティ製なら33円/1本。

ドイツ語?で描かれている怪しいパッケージがそそられます。

維持費も安い!最高!

 

まとめ

  • ブラウンの1000円の電動歯ブラシ最高
  • 6000円と比較したら、電池タイプ、パワーの無さが特徴
  • 電池タイプはメリット多い
  • 必要十分なパワー
  • 替えブラシの価格もめっちゃ安い

 

本体が1000円未満で買えて、替えブラシも1本40円未満。

ブラウンさんありがとうございます。

ぁ・・・替えブラシはブラウンじゃない・・・すいません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です