指が勝手にしゃべる感覚!? 親指シフト3年目の、タイピング速度・変化の感想

考えるな。感じろ。

 

親指シフトは、脳みそが考えるも指が先に動いて、タイピングできる
・・・ようになる(らしい)

親指シフト歴3年目になるから、
そろそろ、今の状態を整理しようと思います。

気になるのは速度なんだけど

おっしゃ、見せたろ!

▼123文字/分。全然偉そうにできない微妙な数字ww

 

親指シフトのソフト・キーボードは何使ってる?

フリーソフトのやまぶきRを使ってます。

▼▼▼ 配布元はこちら ▼▼▼

キーボードはHHKB BT(日本語配列)

新車を買った気分♪ 親指シフターのhhkbキーボードは、理想的な入力環境を連れてきた

2017.04.29

 

指がしゃべる感覚は、残念ながら…

ありませんでした。
ごめんなさい。

今後に期待!

ローマ字入力はできる?

ばっちりできますよ!

調子乗ってサクサク打ってると、
親指シフトの打ち方になったりしますけどね…。

ローマ字入力したら、頭の中が消耗する感じして、嫌になってくるんですよ。

 

ローマ字入力が消耗してるってどういうこと?

多分、ローマ字に変換する手間がかかるからでしょうね。
脳が明らかに疲労します

詳しく書くと、

「消耗してる」と書きたいとき

ローマ字入力:しょうもうしてる→sho u mo u si te ruと脳内変換→s、h、o・・・と入力

親指シフト:しょうもうしてる→し、ょ、う・・・と入力

 

この脳内変換が大きい!
親指シフトしてから、ローマ字に戻してタイピングをずっとしてると、頭がにぶく痛くなります。

ローマ字に変換するという余計な負担をかけているんでしょう!

 

親指シフトを始める きっかけは肩こり?

そう、目の奥の疲労感と肩こり。

上司に進められたのが直接的なきっかけ。

「ローマ字入力だと、「あ行」の文字を打つ時に小指をよく使う。
だから、しんどいんちゃう?」

って言ってた。

実際、肩こり改善したから、そうだと思うww
感想には個人差があります。

どれくらい練習した?

打てるようになったのは1カ月。
3カ月後には、ローマ字入力より早く打てるようになってた!

 

他に変わったことは?

キーボードの出費が増えたw

もっと快適にしたいと思うようになって、キーボード3つ試しました。
最終的に、HHKB BTに落ち着きました。
当分、最後のキーボードのつもり。

他、試すとしたら、近年販売された、親指シフト専用のキーボードかな。
bluetoothであったら、こっちを先に試してましたw

 

親指シフト3年目の感想とか、内容をまとめると?

  • ローマ字に比べて早くタイピングできるようになった
  • 何より、楽に、早くなれた
  • 多分、一日中打ってても疲労感が少ない。
  • ローマ字入力比:耐久性3倍くらい

自分の思っていることを考えているよりも先に、指が動く。
こんなことが起きるらしいです。

それに比べると僕もまだまだ。

指がしゃべる感覚を追い求めて、タイピングに励もうと思います。

親指シフトに向いてると個人的に思うキーボードも紹介してます!

新車を買った気分♪ 親指シフターのhhkbキーボードは、理想的な入力環境を連れてきた

2017.04.29

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です