稚魚が育たない…! コリドラスの卵は見つかるのに、繁殖が成功しない理由3つと解決方法

 

  • コリドラスの繁殖させたい
  • 卵は見つかった!
  • けど、稚魚が育たない
  • 気が付けば、いなくなる
  • なんで…?

 

昔のぼくは、こんな悩みがありました。

コリドラスが卵を生んでくれたのに、赤ちゃんは上手く育たないし、気付けばいなくなる。
理由が分からないから、解決もできない。

でも、今は解決しました。
他の記事でも書いてますが、コリドラスパンダが繁殖するまでになりました。

上手くいくようになった理由が説明できるようになってきたので、良ければ参考にどうぞ。

稚魚以外にも、小さいコリドラス(コリドラスピグミー等)が長生きさせられない…って人にも有効です。

稚魚が育たない理由3つ

結論から言います。稚魚が育たない理由は多分これが大きい。

 

  1. 隠れ場所が少ない
  2. エサを食べられていない
  3. 栄養が足りていない

 

親が健康的に育っていて、卵を産んでいるなら水質等には問題はないはず。

稚魚が育たないんだとしたら、この3つが原因になることが多いんじゃないかと思います。
どういうことか、順番に説明していきます。

 

原因1.隠れ場所が少ない

まず、原因の1つめ。

食べられる。

 

隠れ場所が少なくて、他の魚に見つかってしまい、食べられてしまうということ。

他の魚に比べて、コリドラスは卵を食べやすい魚ではありません。
でも、稚魚を見つけると食べてしまいます。

だから、稚魚が大きくなるまでは,親のコリドラスはもちろん、ほかの魚にも食べられないように(見つからないように)しなければいけません。

 

解決策1.隔離する

解決策として、隔離する方法があります。

繁殖水槽を作ったりするのが、王道でしょうか。
繁殖を迎えた親を入れ、卵を生んでもらい、その後、親を元の水槽に戻すことで稚魚だけの水槽が作れます。

ただし、この方法については、僕の経験が乏しく、説明できるレベルにありません。
そのため、説明を割愛させていただきます。

「コリドラス 繁殖水槽」などで検索すると、
たくさんの先輩方の例をインターネット上で見つけることができるため、ご覧ください。

 

ちなみに、別に水槽を用意するのが難しいなら、サテライトが良いかもしれません。

▼サテライトは水槽のフチにひっかけて、隔離空間を作るもの

サテライト

 

解決策2.隠れ家を入れる

この方法を僕は選んでいます。

水槽の中に、隠れ家を入れて、食べられないようにする方法です。

具体的には、
流木や水草といった、子どもは入れるけど、親は入れないような場所が作れるものを水槽にいれます。

僕のオススメは水草のアヌビアスナナ。

アヌビアスナナ

アヌビアスナナとは

岩や流木に活着させることができる水草。
流木を使ったレイアウトなどの水槽によく使用されます。
成長は遅いですが、低光量でも、幅広い水質でも、育てやすい丈夫な種類です。

葉が硬く、葉の裏にコリドラスが卵をよく産むという意見も多いです。

 

アヌビアスナナが隠れ家に良い理由

アヌビアスナナが稚魚の隠れ家になる

隠れ家に良いと思う理由は、

株本、根の部分に隠れやすいからです。

アヌビアスナナが稚魚の隠れ家になる 解説

アヌビアスナナの根は細く、固く、まっすぐな形をしています。
育ってくると、この根を何本も伸ばします。

すると、根っこの間は小さいコリドラスは通れるけど、大きいコリドラスは通れないようになり
稚魚だけが入れる安全空間ができます。

小さな魚専用の檻・・・みたいなイメージでしょうか。

これが、アヌビアスナナは自然の隠れ家として、オススメできる理由です。

 

1つ目の理由・対策が長くなってしまいました。

まとめると、

  • 他の魚に食べられてしまう
  • 隠れ家が必要
  • アヌビアスナナがオススメ

 

アヌビアスナナは隠れ家以外に原因2つ目でも役に立ちます

 

原因2.エサを食べられていない

稚魚が育たない理由、2つ目。

エサ不足。

赤ちゃんにエサが行き届いていておらず、エサ不足になっている可能性があります。
コリドラスの稚魚は大人と同じで、結構大食いです。

でも、大人と違うところが1つあって、小さいコリドラスは砂を掘れません

これは、赤ちゃんを含む、小さいコリドラス全般に言えるんですが、体が小さいと、上手く砂を掘れないんです。
例えば、僕が飼っているコリドラスピグミーも、コリドラスパンダの稚魚も砂を掘れません。

エサを砂に埋めてしまうと食べられないから、砂に埋める以外の方法を選ばなければいけません。

 

解決策.アヌビアスナナの根の中にエサを噴射

大人と稚魚で分けてエサを与えます。

▼大人用

大人のエサは砂に埋める

▼稚魚用

稚魚用にアヌビアスナナに入れる

僕がしている方法は、アヌビアスナナの根の中に、エサを噴射することです。

なんで、根の中にエサを入れるのかというと、

 

  • 大人が入れない
  • 水流でエサが飛びにくい

 

という理由からです。

 

大人が入れない

アヌビアスナナが育つと、根が伸びて大人が入れない空間ができると、原因1の対策に書きました。
そこにエサを入れます。

すると、小さな魚だけがエサを食べることができます。

もちろん、大人専用でも別の部分にエサをあげてくださいね

 

水流でエサが飛びにくい

アヌビアスナナ 水流を受け流す

もし、砂の表面にエサを撒くのもいいんですが、水流が来たらすぐに飛んで行ってしまいます。
しかし、アヌビアスナナの根の間にいれると、飛びません。

根の上には、しっかりした葉っぱがあって、水流を葉っぱの上だけで流してくれるから・・・だと思います。

水流でエサが飛びにくいことで、稚魚がエサを食べられます。

さらに、無駄になるエサが少なくなり、結果的に汚れにくくなります!

 

エサが足りているかどうかの判断方法

これは、僕の経験で感じることなので、間違っているかもしれませんが…

エサをあげていないときに、水槽の前面に出てきている

と、エサが足りている目安になると思っています。

コリドラスのエサの量、足りてる…? エサが足りている基準を考察しました

2017.09.06
僕の個人的感覚強めです。先輩方、いかがでしょうか?ご意見あれば、教えてもらえると幸いです。

 

長くなりましたが、稚魚が育たない2つ目はエサが足りていないこと。

  • 稚魚も大人と一緒で大食い
  • 体が小さいと砂を掘れない
  • 他の魚に取られないようにエサをあげる必要がある
  • 食べているかのサインは、大人も含め、ゆっくりとしている(…多分)

 

原因3.栄養が足りていない

長くなってますが、最後の3つ目の理由。

栄養失調。

 

他の記事でも、しつこく書いてるので、さらっといきます。

稚魚は成長期にあたります。
骨を大きくしたり、肉を増やしたりするために、栄養豊富なエサが欠かせません!

ということで、栄養豊富なエサを与えましょう。

 

僕はブラインシュリンプが一番だと思います。与えるようになってから、ガンガン増えるようになったので、本当にオススメです。

詳しくは別の記事で書いてるため、以下よりどうぞ!

コリドラスパンダが自然に殖える理由【 自然繁殖で8匹→20匹オーバー 】

2016.02.21

 

稚魚が育たない理由3つ目は栄養が足りていないこと。

オススメの解決策はブラインシュリンプを毎日孵化させて、与えることです!

 

 

まとめ

長い間お疲れ様でした。内容をまとめます。

コリドラスの稚魚が育たない原因3つ

  1. 隠れ場所が少ない
  2. エサを食べられていない
  3. 栄養が足りていない

 

対策方法は、

 

1.アヌビアスナナを置こう!
稚魚が食べられないようにバリアになってくれる。エサをあげるときにも大活躍。

2. 毎日ブラインシュリンプをあげよう!
栄養豊富で、強く丈夫な身体が出来上がります。

 

本当にアヌビアスナナはオススメで、
丈夫だし、幅広い水質で育てられるし、成長がゆっくりだからトリミングで忙しい…なんてことにもなりません!

以上、赤ちゃんが上手く育たない…となったときの参考にしてもらえると嬉しいです。
以上です!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA