延長コードを自作する方法。細い穴に通せて、理想の長さの電源ケーブルを手に入れよう!

延長コードを自作する記事。

 

自分で延長コードを作るって、なかなかないと思うんですが、やってみました。

 

何が良いって、

自分好みの長さが作れる!

なかなかピッタリ合う延長コードが無いんだよね…って時には、役に立つかもしれません!

 

作業自体は、めっちゃ簡単ですが、電気の知識を持った方のみ真似してください!
それでは、いきましょう!

自作延長コードって?

売ってる電線に、プラグのオス・メスを両端に取り付けたもの。

これよりシンプルな電気工作が無いくらい、シンプルなものです。

延長ケーブル完成

 

使った電線は、VCTFK。

ビニルキャブタイヤコードという種類で、平べったくて、軟らかいコードです。

VCTFK

太さは 2.0mmˆ2。

一般家庭などの屋内配線で使われるVVF1.6mm×2芯のケーブルと、ほぼ同じ断面積。

小型の電気製品についてる、電源コードと同じイメージをもってもらえればいいです!

 

 

自作のメリット

自作延長コードのメリットは、2つ!

 

メリット1.自由な長さ

当たり前ですが、好きな長さの延長コードが作れます。

4mくらい欲しいんだけど、5mしか売ってないんだよなぁ…みたいな、微妙な長さが欲しいときに、ピッタリのサイズが作れます。

 

メリット2.細い穴に通せる

コードが通れば、どんな穴にも通せます。

というのも、何もついていないコードを先に通し、通した後で両端にプラグを取り付けることが出来るからです。

 

人生の中であまりないかもしれませんが、便利な時が来るかも。

ちなみに、僕は金網に延長コードを伸ばしたいときに活躍しました!

 

▼地下室の金網。普通の延長コードが入らなかったけど、コードを通して、通した後でプラグを取り付けました。

地下室へ自作延長コードを伸ばす

 

屋内配線用のため、注意

屋内で使用するための電線です。

屋外で使用した場合については、書かれていません。
つまり、屋内以外の場所で使った場合、電気的な事故につながる可能性があります。

真似しないでください。

 

作り方

作り方を紹介していきます。
めっちゃ簡単なんだけど、いつものごとく、写真たっぷりで紹介します。

 

作業1.好きな長さに電線をカット

好きな長さの電線を用意します。

 

▼100mを購入したら、こんな感じで届きます。

VCTFKが100m

▼グルグル巻きの状態で入ってます。

梱包をほどく

▼今回は5メートルくらい使いました。

約5メートルで切断

 

作業2.プラグのネジを外す

電源プラグのオス・メスを用意します。

 

▼よく見慣れているプラグです。

ACプラグのオスとメス

▼外側のネジを、プラスドライバーで外します。

プラグのネジを外す

▼開きました。

プラグのネジを外し、開いた

 

作業3.2種類の被覆をストリップ

電線をプラグに取り付けます。

VCTFKは電気を通さない被覆が、内部の銅線を2重に覆っているから、取り除いて、露出させます。

 

▼どれだけの長さをストリップするか、見極めます。

ストリップする長さを確認

▼2.0mmˆ2の外装被覆と、VVF1.6mm×2芯の太さはほぼ同じなので、ストリッパーでサクッと剥きます。

ケーブルストリッパーで外装被覆ストリップ

▼外装ストリップ完了。

外装被覆ストリップ完了

 

▼より線用のストリッパーで、内装被覆もストリップします。

より線用ストリッパーで内装被覆ストリップ

▼さくっと完了。

内装被覆ストリップ完了

 

作業4.プラグにネジ止め

電線を取り付ける作業です。

▼内部のネジを取り外します。

プラグ内のネジを外す

▼ネジを締める方向と同じ(右巻き)になるように、より線をねじります。

ネジを締める方向により線を巻く

▼プラスドライバーでしっかりと締めつけて、取り付け完成。

メスのプラグに電線取り付け完了

▼もう片方も同様に作業を進めます。

オスのプラグに電線を取り付ける ネジを締める方向により線を巻く オスの電源プラグに電線取り付け完了

▼取り付け完成です。

取り付け完了

 

完成

お疲れさまでした!作業は終了です!

延長ケーブル完成

細いすき間に通したい時は、コードを穴に先に通し、通した後にプラグを取り付けましょう!

 

 

危険例:絶縁電線の露出

ここで危険例の紹介を。

プラグの付け根から、絶縁電線(白と黒の線)が見えていると、危険です。

取り付けの危険例

なんで危険かと言うと、白と黒の被覆は電気的に絶縁するための被覆。対摩耗だとか対衝撃ではありません。
だから、とんがったものが当たったり、こすれたりすると、破れたりして、漏電する可能性が。
危険ですね!
 
逆に、外側にある外装被覆(白とかグレーのシース)が物理的なものから守る役割です。
だから、外装被覆だけが見えている状態(=白と黒の電線が見えない状態)にしておきましょう。

 

まとめ

電線とプラグを組み合わせて、自作の延長コードを作る内容でした。

  • VCTFKの2mm^2を使った
  • 小型電化製品のコードみたいなコード
  • 両端にプラグを取り付けるだけ
  • 簡単
  • 自由な長さのコードが作れる
  • 先端を後で取り付けたら、狭いすき間にも通せる

 

曲げやすくて、ピッタリな長さが欲しい…って時には、いいと思います!

また、大電流などを流すと事故につながります!
電流量などが理解できる方のみお試しください!

以上です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA