モンベルのヘッドライトを比較して選んだ!キャンプ用には、電球色タイプLEDが優しい光でオススメ

モンベルのヘッドライトを1年半前くらいに買いました。

結論から言うと、
日常生活でも結構使っているくらい便利。
旅行にも絶対持ち込んでます。

ということで、遅ればせながらレビュー。

はじめてキャンプ行くから、ヘッドライト欲しいなぁ
って方は、選び方だけでも参考にしてください!

モンベルショップで購入した経緯

  • 会社員時代、同僚からキャンプに誘われた
  • おっしゃ、と行くことにした
  • テント、寝袋、マットだけ用意した
  • 当日を迎えた

 

同僚  「寝袋よりも、ヘッドライトが必要やで!!!」

マジかということで、キャンプ場に行く途中にモンベルショップへ立ち寄って、現物比較して、選び抜きました。

 

ヘッドライトを比較して、選んだ基準

以下、すべてを満たすものを選びました。

  • 手元が明るく照らせる
  • 軽い
  • 単3か単4の電池で使える
  • 電球色(オレンジ色)に光る

 

実際に使ってみた感想

 

光り方は4パターン

  • 白色LED 弱
  • 白色LED 強
  • 電球色LED
  • 白色点滅

白色LED 弱

白色LED 強

電球色LED

白色LEDの明るさは結構優秀!

単 4 形電池 3 本を使用し、明るさ 160 ルーメン、照射距離 110 M を誇る大変明るいヘッドランプです。歩行を目的とした高輝度白色 LED ( 1 灯)と、目に優しい電球色 LED ( 2 灯)を装備しています。

商品説明より引用

めっちゃ明るくしたいときにも、応えてくれます。
日没後になって、キャンプ場で調理する場合も手元がしっかり見えて良いですね。

▼白色LED 強を外で(スマホで撮影 画像修正なし)

両手が使えるから、ゆるい作業なら日中くらいの活動ができます。

(いや、これは言い過ぎかw)

 

電球色LEDが間接照明のごとく癒される

ヘッドライトって、あくまで作業用のイメージだったんですが、
電球色LEDがそのイメージをぶっ壊します。

 

 

うぉ!!
電球色の光が優しくて、炎とめっちゃ合う!

 

白色のLEDは見やすいけど、炎の側だったら人工的な感じで、浮くんです。
せっかくキャンプに来たのに、コンビニの光みたいやなぁとちょっと残念な感じ。

そこで、電球色LED。

例えばで言うと、

白いシーリングライト。
から、
間接照明に変えた感じ。

 

白いライトは、効率的な作業ではいいけど、落ち着かない!
特にキャンプ場では、非自然で浮きます。

それが、電球色なら優しい光が調和する。

 

▼キャンプで、土鍋でごはんを炊いた時に撮った写真。
スマホで撮影(画像修正なし)でこんな感じで変わります。

白色LED

電球色LED

▼燻製したチーズもこんな感じに見えます。

燻製したチーズ

 

LEDだから電池の消費も抑えられて、機能面でも優れてる。

是非、キャンプ用に選ぶなら電球色LEDを採用ください!ホント、オススメ!

 

単4電池が3つ

▼電池

汎用品の電池で良いですね。
エネループも使えるし、電池切れた!ってなっても、近所のコンビニで買える。

単 4 形アルカリ乾電池 3 本付属。ニッケル水素充電池、リチウム電池にも対応しています。

商品説明より引用

そして、電池込で91gだから、頭重っ!ってならない。

 

 

長押しで起動

▼スイッチ部分

光らせる時には、ここのスイッチを2秒くらい長押し。
好みがあるかもしれないけど、
ミスって、付いたりしないことが僕的には好評。

 

角度も5段階で調整可能

▼最大に角度を付けてみました

これまで、全部で5段階で角度が付けられるから、
足元を照らしたいなぁって時には、一番角度を付けたら良いし、
目線の先を照らしたい時には、角度を起こせばいいよ!

 

ベルトのサイズも簡単に変えれる

▼ゴムベルト

ベルトはゴムで、サイズ変更もOK。

頭大きくても、小さくても大丈夫です。
ヘルメットに付けよう…となっても、すぐに対応可能。

 

頭に付けた状態でゴムを締めたり緩めたりできる

頭に付けた後、緩いなぁ・・・って、なるじゃないですか。

そんなときに、

  • 一度取り外す
  • 調整する
  • もう一回着ける

と、3ステップあって、何かと面倒。

でも、こいつは

つけたまま、締めることが出来る

だから、調整したいなぁと思っても、頭に付けたまま、ベルトを引っ張るだけで、頭のサイズぴったりにできる。
地味に便利。

 

キャンプ以外の日常生活で使う機会3選

キャンプ以外で使うとき無くない?とか、買う前は思ってました。

でも、日常生活でも、案外出番があります。

 

1.DIYするとき

手元をより明るくしつつ、手は塞ぎたくないときに便利
特に作業しながら、写真撮るときとか。

一部分を明るくしたいけど、フラッシュ焚くのはいややなぁという時でも、
ヘッドライトなら頭を動かすと解決。

台所の水道を交換したとき

 

2.夜に燻製作るとき

何時間か燻製作るときに、夜になることも。
僕みたいに、明かりがない庭でやる場合なんか、すごく便利。

食材を落としたくないから、どうしても両手使いたくなる。
でも、明かりも欲しい…となるわけです。

ビーフジャーキーを作って、夜になったとき。これなら、手も使えて便利ですね。

 

3.家庭菜園

えっ…と思うかもしれませんが、夜に虫退治するとき必要なんです。

というのも、ナメクジとか夜に活動する毛虫は
日没後、野菜をバクバクと食べるわけです。

▼毛虫退治

ライトで照らして見つけるんですが、
この時に、両手がフリーが最適。

片手に電撃殺虫ラケット(蚊の対策)、もう片手に火バサミ(ナメクジ・毛虫を取る)で無双できるわけです。

最強。

 

他の人の選ぶ基準も調べてみました

他の人気ヘッドライトのレビューなどから、集めてきました。参考にどうぞ。

  • ライトの前で手を降るとつけたり消したりできる=モーションセンサー(スイッチ)
  • 夜景時とかには、赤ライトモードが重宝します=撮影用
  • 電池の減りが早く考えずに何回も使っているとすぐに暗くなる=電池の消費具合
  • 防水仕様で小雨の中でも使えます。=防水
モーションセンサー・撮影しやすい明かり・電池の消費が少ない・防水で選ぶ人もいるみたいですねー!

 

まとめ

  • ヘッドライトは便利
  • キャンプ目的なら電球色LEDを選んでほしい
  • 目に優しく、火・自然との相性が最高
  • そして、日常生活でも案外使えます

災害用として準備してても良いし、
あるだけで意外と威力を発揮するから、玄関に置いておけば余裕が生まれます。

以上です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA