【月額322円】野菜作り×IoTに最高!ロケットモバイルの神プランでwifi環境作ったぞ!

月額322円で、ビニールハウスをIoT化した記事。

Arduinoなどで温度や湿度・液肥の濃度が測れるようになると、
インターネットにつなぎ、スマホで数値を確認したくなりました。

  • ビニールハウスにwifi環境が欲しい
  • 通信速度は必要ないから、容量無制限のsimカードないかな
  • あった、 ロケットモバイル
  • 神プラン、322円(税込)
  • 大満足だし、大成功

月額322円のsimは大正義。
そして、古いsimフリーのスマホに挿すと、wifiが飛ばせました。

結果的に、
スマホからの遠隔操作、
ビニールハウス内の温度や、ECをいつでも、どこでも受け取れるようになりました。

ということで、月額322円でできる、野菜作りのIoT環境の作り方を紹介したいと思います。

経緯

まずは、経緯からいきましょう。

ここ最近、ESP32というマイコン&プログラミングにハマっていて、以下のことができるようになってきました。

  • ビニールハウス内の温度で、側面のカーテンを開閉
  • 水耕栽培の容器に水が減っていたら、給水
  • 養液の栄養分が少なくなっていたら、液肥を投入

しかも、Blynkというアプリを使うと、スマホにも簡単に接続できる…という状況。

しかも、Blynkの維持費は無料。

ですが、そのためには、wifi環境でネット接続しなきゃいけない…という壁がありました。

そこで、月額の通信費が安いsimカードを契約し、
古いスマホに挿して、テザリングしてやろうと考えたのです。

経緯終わり。

0simとロケットモバイル

まず、1日のデータ通信量を測ってみると、1日に40MBくらい通信することが分かりました。

それを踏まえると、理想のsim条件は以下の通りでした。

  • データ通信量 ~100M/1day
  • 通信速度は求めない(ゆっくりOK、3G 回線可)
  • 維持費安い

すると、2つの候補が上がりました。0simとロケットモバイルです。

0sim

0simのページ

  • 月額0円
  • ドコモ回線
  • しかも、4G回線でそこそこ早い
  • ただし、通信量が500MB/月まで
  • 通信量500MBを超えると、100MBあたり、100円加算

0円…0円!?と目を疑うインパクトはありましたが、一定の通信量を超えるとお金がかかります。

もし、現状の40MBでも30日使うと、1200MB。
この場合、700MB超過なので、700円かかる計算になります。

ロケットモバイル

ロケットモバイルのページ

  • 月額322円(税込)
  • ドコモ回線・ソフトバンク回線から選べる(ソフトバンクは数十円値上がり)
  • 通信速度、遅い
  • 通信量は無制限

通信速度はLINE通話ができるくらい…というくらいだから、実用レベルじゃない…?と思いますが、ゆっくりだそう。

必要十分やん

通信量は無制限だから、今後にセンサー増やしまくって、データ増えても大丈夫。

将来有望やん

以上、322円でwifi環境の構築を夢見て、ロケットモバイルを選びました。

使ったもの

  • 古いsimフリースマホの中古 (ASUS ZenfoneGo)
  • ロケットモバイル 神プラン docomo回線
  • simカード 変換アダプタ

ロケットモバイルの契約は、WEBサイトからポチポチっと進めるとあっけなく完了します。

また、ロケットモバイルのsimはnanoサイズを選びました。
近年のsimカードは基本的にnanoサイズ。なので、今後を考えるとnanoが無難だと思います。

対して、Zenfoneはmicroサイズのsim対応なので、サイズ変換しなければ使えません。
変換アダプターは約200円で、大きくサイズ変換する分(nano→micro)には全く問題ありません。

wifi環境を構築する手順

契約から2日後くらい。届きました。

ここから、wifiを飛ばしまくるまでの作業を紹介します。

▼白いカードからsimカードを取り外します。
カードの裏には、電話番号とか書いてあるから、保管するかメモっておきましょう(作業には使わないけど)

simカードを取り外し

Zenfone GOはmicro sim対応。
今回契約したロケットモバイルのsimはnano simなので、simカードを拡張して使用します。

契約時にmicro simのサイズで契約することもできます。上で言ったように、nanoサイズが今の主流なので、手間ですが拡張を噛ませました。

尚、サイズを小さくする場合は、simカッターでカットすることで対応できますが、作業ハードルが上がります。

▼うまく入りました。

▼スマホの電源をON。

スマホの電源を入れる

▼起動までの間、ロケットモバイルの取扱説明書(同梱されてます)をさらっと読む。

取扱説明書を見ると、写真とともに、手順が細かく紹介されています。
外国人など、日本語が読めない人でも理解できそう!

ロケットモバイルの取扱説明書
取扱説明書通りに作業を進めると、電波が拾えるようになりました!

分かりやすすぎるため、この記事では特に説明しません!

続いて、wifiを飛ばす設定に移りましょう。

▼設定画面→無線とネットワーク→テザリングとポータブルアクセス→Wi-fiアクセスポイントをセットアップ

▼自分の好きな通りにネットワーク名、パスワードなどを設定しました。保存すればOK。

▼画面が戻るため、ポータブルWi-fiアクセスポイントをONに切り替えます。

▼スマホの上を見ると、4Gの左にテザリングしているマークが付きました。これで出来たようです。

別のスマホでWifiの電波を探し、接続すると、つなぐことができました。
成功です。

▼速度チェックをしたら、こんな感じ。ゆっくりだそうですね。

実際に、農家さんのところに持ち込んだり、自分のビニールハウス内で使ってみたところ、うまく機能しました!

ということで、ロケットモバイルのsimカードを古いスマホに挿し、テザリング。
結果、wifiを飛ばすことができました。

お疲れ様でした!

電波を遠くに飛ばすこともできるぞ

エクステンダー

wifiなので、エクステンダーという機械を使うと、電波をより遠くまで飛ばすことができます。

ビニールハウスの端から端まで飛ばしても大丈夫!

僕は以下のエクステンダーを買いました。
延長した結果については、また後日記事作成予定。

紹介キャンペーン

ロケットモバイルは紹介キャンペーンがあります!
ぶっちゃけると、興味でた人、誰か一緒にやろうよ! です。

  • 僕もうれしい
  • あなたもうれしい
  • 二人とも200円引き。

 

ロケットモバイルのWEBページ、契約時に紹介コードを入れる欄があるため、そこで以下のコードを入れてくださいまし。

LXJWGIPOHA

ロケットモバイルのページ

まとめ

ロケットモバイルのsimを契約し、どこでもwifi環境を作る記事でした。

  • ロケットモバイルのsim、神プラン
  • ゆっくり、通信量無制限、月額322円
  • 古いスマホに挿して、テザリング
  • 簡単な作業で、wifi環境誕生

野菜作りを自動化、IoT化することは、今後の流れかと思います。
その際にも、インターネットがないと始まりません。

ロケットモバイルsimを使えば、格安で環境構築ができるため、大変ありがたい。
色々なところでwifi環境の構築にいかがでしょうか!

野菜作りのなんちゃってIoT現場からは以上です!
ご清聴ありがとうございました。

2 件のコメント

    • Keiichiさん、こんにちは!
      インターネット、プログラミング同様、持たざるもののツールになりえるかもしれません!

      これからも励んでいきましょうー!!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。