水耕栽培のバジルが育って、トウ立ちした。だから、挿し芽で増やす方法とオススメの切る箇所を農家さんに聞きました

  • バジルのトウが立った
  • なんでトウが立ったのかと言うと、高さが伸びたことらしい
  • 短く切ろう
  • どうせなら、切った後に挿し芽して、増殖させてやろう
  • 挿し芽した

ということで、バジルの挿し芽の方法を紹介します。

どの部分を切ったらいいか、葉っぱの香りが保たれる保存方法なども書きました!

トウ立ちとは?なぜトウが立つ?

トウが立つとは、花を咲かせる前にニョキニョキっと、先端が伸びる現象のことです。
トウ立ちすると、茎や葉っぱが硬くなるし、特にバジルは香りも減ります。

トウ立ち

【意味】
「トウ」は花を咲かせる茎の意味で、花芽がついた茎が伸びた状態をトウ立ち(抽台 ちゅうだい)といいます。

サカタのタネ トウ立ち

 

トウが立つ条件は植物により異なり、バジルは、30cmくらいに大きくなったら自動的にトウが立つそうです。

ということで、バジルは20cm以上になったら、以下の挿し芽がオススメ

 

挿し芽の方法・やり方

挿し芽は、切ったところから根を生やして、新しい株を作っちゃおうという手法です。
元の株からもたくさん収穫できるようになるらしいので、是非この方法をやりましょう。

 

作業1.根っこから20cmくらいで切る

20cmくらいの高さで育てたら、柔らかく小さな葉っぱがいっぱいできるそうです。

一緒に3株植えているんですが、他の株ではトウが立っていないため、他の株の高さだったら大丈夫だろうと判断しました。

バジルのトウ立ちを防ぐために、20cmくらいで切る

▼ハサミで切ります

はさみで切ります

▼切りました

 

バジルの挿し芽、どこを切ればいい!?→Y字になるところ

どこで切ればいいんだろうと思ってたら、農家のおばあちゃんに
「Y字になるようにすればいいんよ」
と教えてもらったので、その通りにしました。

Y字になるように切ると、横の枝・葉が育って、収穫できる葉っぱの数が増えるそうです。
素直にその通りにしました。

横に枝が出ていて、Y字のようになる部位で切ります

 

作業2.切った箇所を水に漬けた

▼水に漬けます。

水の入ったコップに挿し芽のバジルを浸けた

ちなみに、切り口はハサミで切りっぱなしじゃなくて、新品のカッターやカミソリでスパっと鋭利に切ると、水を吸いやすくなって元気になるそうです。

「梅雨時期は湿度・温度的に挿し芽が成功しやすいから、ハサミで切るだけでいけると思うよ」
という助言を、再びおばあちゃんからもらったため、切りっぱなしでいくことにしました。

おばあちゃんの知恵袋で、サボる作戦。

▼切り口

挿し芽用のバジルの切り口

▼葉っぱを取りました。
一番上の小さい葉っぱあたりを残せば、大丈夫だそう。
葉っぱから、呼吸・光合成の際に水が出て行ってしまうので(蒸散)、それを防ぎ、植物の体内に水を残りやすくします。

葉っぱを取った

▼メネデールを100倍に薄めて入れます。困ったら、メネデールを入れてたら何とかなるから怖い。

挿し芽が成功しやすいよう、メネデールを投入

▼家庭菜園の必殺技教えてと言われるとメネデールと言います。

メネデール

アクアリウムでも、水草をトリミングした後に、100倍に薄めたメネデールに漬けると、根っこが育ちまくる事態になるので、
ドーピングのように使えます。
多分、植物にとってユンケルを飲んだみたいになるんだと思う。

ちなみにどうでもいいですが、
根っことか、新芽が育ちまくるから、メガデールだと思ってました。どうでもいいですね。

 

作業3.暖かく・湿度の高い暗めの場所に置き、毎日水を変える

▼念のためコップをアルミホイルで覆いました。

コップをアルミホイルで覆った

このまま、25℃くらいで、湿度も高めの場所に置いておきましょう。
湿度高めるためには、ビニール袋を被せるのもいいとのこと。
後は、毎日水を変えてると、根っこが出てきて作戦成功です。

根は光が当たっていると出にくい習性があるから、全体を暗くしておくのがオススメ。

▼水が汚くなってくるから、適度に変えよう

 

番外編 取り除いた葉っぱの保存方法

せっかく育った葉っぱを捨てるのは可哀そうだから、香りの残る方法で保存しましょう。
農家直伝の野菜保存方法だから、葉っぱ系の野菜ならなんでも使えます。

取り除いたバジルの葉

▼ラップにくるんでいきます

サランラップに載せます

▼できる限り、空気が抜けるイメージで包めばOK

ラップに包んで、空気を抜きます

こうすることで、バジルの香りが残ったまま保存することができます。
ちなみに、僕は翌日、カプレーゼを作りました。

カプレーゼを作った

自作ヨーグルトを水切り。時短レシピのカプレーゼを作って食べたら、美味しかった!水を切る方法・コツも紹介

2017.06.30

 

挿し芽が上手くいかないときに試す6個の方法

枝を切った後に捨てるのはかわいそうなので、観葉植物でもなんでも、挿し芽で育ててきました。
そんな僕が知っている情報をまとめます。

  1. 出る枝は花が咲く枝(トウが立つ)を使う→なんか知らないけど、上手くいくことが多い。成長点があるから?
  2. 水の中で鋭利に切る。→切り花と一緒。水の分子間力、毛細管現象とかなんとかで、植物が水を吸う力を高くします。
  3. 葉っぱを取る→可哀そうだけど、付けたままだと植物が水を吐き出して、しおれやすくなります。
  4. 25℃・高湿度を保つ→植物にとって適切な環境だと、根が出やすい。殖えられるぜ!と意気込むのかも。
  5. メネデールを使う→ユンケルを飲むみたいなもんです。多分。
  6. ルートン(発根促進剤)を使う→こちらはホルモン系なので、完全なるドーピング。根が出やすいホルモン剤です。

▼ルートンはホルモン濃度が高くなる箇所に根が生えるというホルモン。だから、ユンケルとか言ってる場合じゃないくらい、有効だと思います。
時期外れや、挿し芽が難しい植物には使えば良いとのこと。

ルートン

 

まとめ

  • バジルがトウ立ちしそうだったから、挿し芽した
  • 20cmくらいになるように切ろう
  • 切る箇所はY字になるところ
  • 水に漬けて、葉を取り、根が出るのを待ちましょう
  • 取った葉でカプレーゼ作ったら幸せです

ということで、バジルを増やす大作戦でした。

根が出て、増えたところで作戦成功となるので、引き続き経過を観察する次第です。

バジルを植えてたら、香りで蚊を寄せ付けないみたいだし、いい匂いが漂ってくるし、美味しい料理作れるし、みんなやろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です