【現地調査】ボスニアヘルツェゴビナ首都、サラエヴォの治安 深夜徘徊して確認した【2018年5月】

ボスニアヘルツェゴビナの首都、サラエヴォの治安調査をしてきた記事。

 

2018年5月、セルビアに向かう道中、ボスニアヘルツェゴビナの首都サラエヴォに2日間滞在しました。
滞在前、ボスニアヘルツェゴビナと聞くと、安全面に不安がありました。

 

…が、昼間に探索した結果、めっちゃ安全な雰囲気。

誰に尋ねても丁寧に教えてくれるし、店員さんも親切。

英語も通じるし

そこで、
深夜はどうなの?

と疑問に思い、深夜1時くらいより深夜徘徊して現地調査してきました。

怖いと思った街並み

ボスニアヘルツェゴビナの首都、サラエヴォ。
2018年5月13日の朝に到着し、2日間滞在しました。

街並みはガチのヨーロッパで、めっちゃキレイ。

トルコの影響を強く受けている国らしいけど詳しくない僕にはわからない

治安面に注目すると、初めて街並みを見た時点ではデンジャラス

というのも、落書きが多すぎ!

▼こんな感じで人々が生活されているんですが…

▼壁はもらろんあらゆるところに落書きがあります。

▼裏路地じゃなくて、普通に人が行き交いしまくってるところに書いてある。

▼橋にも。

▼看板にも

看板に施された落書き

▼しかも、上手かったりする

 

落書きがある=深夜に行動する不良がいる=治安ヤバい

という、個人的な偏見により、かなりビビッてました。

しかし、昼間にサラエヴォ散策した際には、店員さん、町の人がすべてめちゃめちゃ親切で、どちらを信じていいのか分からない状態。

ということで、せっかくの旅。
意を決して、深夜の街に出ることを試みました。

 

深夜徘徊の準備

めっちゃビビりだから、準備は万全に。

  1. 日本人3人で行く
  2. 何かあればダッシュで逃げる、意識の共有
  3. 最低限の荷物
  4. 屈伸運動して、走れる準備

ということで、行ってきました。

深夜に外出しないことが一番だよ…というのは言わないお約束

 

深夜の街の様子

深夜のサラエヴォ徘徊の様子

いやぁ…この写真だけ見たらめっちゃヤバそうですね。
公園の端にドラム缶で火を焚いていたり、ドラッグの売買が行われていそうな感じ。

▼うーん、危険臭がものすごい。

▼日本でこんなところ来たら、泣いて逃げ出すレベル。

▼エアコンすら厳重ガードされてんぞ。盗難対策?

サラエヴォのエアコン

 

 

と、見せかけて。

 

▼落書きの路地から20mくらい進んだらこんな風になってきた。

▼さらに進むとこんな感じ。

▼女性の一人歩きも全然できてるレベル。

▼平日の深夜2時くらいだから、活気こそ少ないけど、危ない人がいない。

▼大通りから外れても、バー周辺に人がちらほらいる感じかなぁ。

 

▼女性がソロ歩き出来てるにも関わらず、横にはこんな落書きが書かれまくってる。

 

 

無事に帰還

30分くらい、ダラダラと歩き回ってみたけど、ドラッグの声掛けやポン引き(売春?)みたいな、怪しげな声をかける人は一切なし。

むしろ、ゴミ収集業者が仕事を真面目に頑張ってた。
というのも、街中にゴミ箱がある。頻度の感覚は、日本の自販機の多さ…かなぁ。

そこに溜まるゴミを回収していた感じ。
だからか、ゴミが全然落ちてなくて、街がキレイ。

いや、タバコの吸い殻は多かった。タバコはゴミという感覚じゃないのかなぁ

ということで、めっちゃ安全でした。

▼ちなみに、詳細の場所はエターナルフレイムと呼ばれる、ナチスからの解放を象徴する場所周辺です。

 

サラエヴォの深夜徘徊結果 まとめ

ということで、サラエヴォの深夜徘徊は少なくとも僕は安全に感じたよ。という内容でした。

  • 2018年5月
  • ボスニアヘルツェゴビナの首都サラエヴォ
  • 街中に落書きめっちゃ多い
  • 深夜徘徊してきた
  • でも、安全でした

ちなみに、翌日は現地在住である、サラエヴォっ子のLanaさん、Zakaさんに街を案内してもらいました。

彼女らに聞いても、1人で歩いても大丈夫だし、
夜10時から空いてる、ナイトクラブに行っても安全だよとのこと。

念のために断っておくと、場所が良かったというのはあるかも。
サラエヴォの中心?エターナルフレイムがある周辺。
僕は、かなり安全だと判断しましたが、もし、試す際は十二分にご注意をお願いします!

以上、ボスニアヘルツェゴビナの首都からお届けしました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA